アフリカタマゴヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフリカタマゴヘビ
アフリカタマゴヘビ
アフリカタマゴヘビ Dasypeltis scabra
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: タマゴヘビ属 Dasypeltis
: アフリカタマゴヘビ D. scabra
学名
Dasypeltis scabra
(Linnaeus, 1758)
和名
アフリカタマゴヘビ
英名
Common egg-eater

アフリカタマゴヘビ(阿弗利加卵蛇、Dasypeltis scabra)は、ナミヘビ科タマゴヘビ属に分類されるヘビ。単にタマゴヘビとも言う。

分布[編集]

サハラ砂漠を除いたアフリカ大陸アラビア半島南部

形態[編集]

全長50-100cm。鱗には筋状の隆起があり、同所に分布するクサリヘビ科の構成種(ナイトアダーノコギリヘビなど)に擬態していると考えられている。体色は灰色や緑褐色、淡褐色などで、地域や個体による変異が大きい。背面に暗色の斑紋が不規則に入る。頭部背面にはアルファベットの「V」字状の斑紋が2つ入り、頸部背面にも同じような斑紋が入る。

孵化直後の幼蛇は全長20cmほど。

生態[編集]

サバンナや低木林などに生息する。危険を感じるとノコギリヘビのように頸部を広げ、鱗を擦りあわせて警告音を出す。

食性は動物食で、鳥類の卵のみを食べる。卵がない時(鳥類の繁殖期ではない時期)は絶食する。

繁殖形態は卵生。1回に12-15個、最大18個の卵を産む。卵は3-4か月で孵化する。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。餌としては成体でもウズラ、幼体ではジュウシマツなどの卵が必要になる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、緑書房、2000年、70-71、157頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、102頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、123頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社2005年、83頁。