アフリカキンセンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフリカキンセンカ
Dimorphotheca sinuata.JPG
アフリカキンセンカ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: アフリカキンセンカ属 Dimorphotheca
: アフリカキンセンカ D. sinuata
学名
Dimorphotheca sinuata DC.[1]
和名
アフリカキンセンカ

アフリカキンセンカ学名Dimorphotheca sinuata)は、キク科アフリカキンセンカ属の春蒔き一年草又は多年草学名からディモルフォセカとも呼ばれる。

特徴[編集]

高さは30〜35cmで、花の大きさは4〜5cm。色はピンク、白、オレンジ、紫など。3月から5月にかけて長い間咲く。原産地はアフリカ。花言葉は富、豊富、元気、無邪気、変わらぬ愛、ほのかな喜び。同じキク科のオステオスペルマムと間違いやすい。多年草であるオステオスペルマムと交雑し多年草となる場合もある。

生育環境[編集]

半耐寒性(0℃)で日当たりを好む。

脚注[編集]