アフリカウスイロイルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アフリカウスイロイルカ
Humpback dolphins size.svg
ヒトとの大きさ比較
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphinidae
: ウスイロイルカ属 Sousa
: アフリカウスイロイルカ S. teuszii
学名
Sousa teuszii Kükenthal, 1892
英名
Atlantic Humpback Dolphin
(Sousa teuszii)の生息域
Sousa teuszii)の生息域

アフリカウスイロイルカ(アフリカ薄色海豚、Sousa teuszii)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ウスイロイルカ属に属するイルカである。

他のウスイロイルカ(シナウスイロイルカ(Sousa chinensis)、ウスイロイルカ(Sousa plumbea)が西太平洋およびインド洋に棲息するのに対し、アフリカウスイロイルカは東大西洋に棲息する。

概要[編集]

アフリカウスイロイルカ(Sousa teuszii)の体色は生息域によって異なるが、およそ背は灰色で、喉や腹部は明るい灰色である。 背中に瘤(こぶ)のような隆起があり、その上に背びれがある。 口吻は細長い。

成体の体長は2mから2.5m、体重は150kgから200kgである。 生まれた直後の体長は1m程度である。

生息域は、アフリカ大陸の西側の亜熱帯から熱帯にかけての浅い海域である。 一部のアフリカウスイルカはニジェール川などの河川にも棲息することわかっているが、淡水域に分離されている群が存在するかどうかは不明である。

通常は5頭から7頭程度の群を成して行動するが、25頭程度の大きな群を成すこともある。

IUCNレッドリストでは他のウスイロイルカ類とともにDD(Data Deficient、情報不足)に分類されている。

参考文献、外部リンク[編集]

  1. Species Fact Sheet - Sousa teuszii FAO (Food and Agriculture Oorganization of the United Nations) によるアフリカウスイロイルカの説明(英文)