アフリカアシネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨシネズミ
ヨシネズミ
ヨシネズミ Thryonomys swinderianus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 齧歯目 Rodentia
: ヨシネズミ科 Thryonomyidae
: ヨシネズミ属 Thryonomys
: ヨシネズミ T. swinderianus
学名
Thryonomys swinderianus
(Temminck, 1827)
和名
ヨシネズミ[2]
英名
Greater cane rat[3]

分布域

ヨシネズミThryonomys swinderianus)は、齧歯目ヨシネズミ科ヨシネズミ属に分類される齧歯類。

分布[編集]

サハラ砂漠以南および南西部を除くアフリカ大陸[3]

形態[編集]

体長35 - 61センチメートル[3]。尾長6.5 - 26センチメートル[3]。体重オス4.5キログラム、メス3.5キログラム[3]。背面は黄褐色で、腹面は淡灰色[3]

生態[編集]

河川や沼地の周辺などの水辺に生息する[3]。キリマンジャロでは標高1,800メートルでも発見例がある[1]夜行性[3]。水中を泳いだり潜ることも多い[3]

主に草本や植物の茎を食べるが、樹皮、落果などを食べることもある[3]

繁殖様式は胎生。妊娠期間は137 - 172日[3]。生後1年で性成熟する[3]。飼育下では4年4か月の生存例がある[3]

人間との関わり[編集]

食用とされる[1][3]。アフリカでは食糧不足解消のために本種の飼養・研究が試みられている[1][3]

キャッサバ・サトウキビ・トウモロコシなどを農作物を食害する害獣とみなされることもある[1]

画像[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Child, M.F. 2016. Thryonomys swinderianus. (errata version published in 2017) The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T21847A115163896. Downloaded on 09 June 2017.
  2. ^ 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 「げっ歯目・ウサギ目・ハネジネズミ目全種リスト」『動物大百科 5 小型草食獣』、平凡社、1986年、154-174頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Emily Gochis, 2002. "Thryonomys swinderianus" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed June 09, 2017 at http://animaldiversity.org/accounts/Thryonomys_swinderianus/