アフター・ザ・ファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフター・ザ・ファイア(After The Fire)はイギリスロンドンで結成したロックバンド。略称はATF。だが、せいぜいアルバムのジャケットに使われる程度である。

メンバー[編集]

  • ミスター・メモリー・バンクス
  • ピート・キング
  • アンディ・ピアシー
  • ジョン・ラッセル

歴史[編集]

バンド結成はピーター・バンクス(イエス初期の人物とは同名異人)が学生時代の1970年。自主制作でアルバムを3枚制作する。70年代後半には次世代のプログレの有望バンドと紹介されていた[要出典]が、パンクの台頭で路線変更を余儀なくされる。CBSに認められ1979年にデビューする。時のニューウェーブ風アレンジを取り入れたファーストシングルの「One Rule for You」は英国シングルチャートで40位に食い込むが、その後はなかなかヒットに恵まれなかった。しかし、1982年にオーストリアのアーティストファルコの「秘密警察」(Der Kommissar)をカヴァー(ただし、オリジナルはドイツ語で、こちらは英語に訳している)するとイギリスよりもアメリカで大ヒットし、全米チャート5位になった。しかし、その後ヒット曲はなく、1986年に解散した。「秘密警察」こそヒットを飛ばしたが、英国以外では他の曲はほとんど知られていない[要出典]

バンクスを中心に2004年にATF2として再結成し、メンバーは五人組になったが、オリジナルメンバーは彼だけである。2007年のグリーンベルト等クリスチャン系イベント等現在も活動を続けている。

アルバム[編集]

Year Album UK US
1978 Signs of Change - -
1979 Laser Love - -
1980 80-f - -
1982 Batteries Not Included - -
1982 Der Kommissar (released as ATF in the U.S. with a slightly rearranged tracklisting) - 25
2004 Signs of Change (special edition) - -
2005 Der Kommissar - The CBS Recordings - -
2005 Live at Greenbelt - -
2006 AT2F - -

関連項目[編集]

外部リンク[編集]