アフタヌーン新書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフタヌーン新書(アフタヌーンしんしょ)は、講談社が発行する新書レーベル

概要[編集]

2009年4月より刊行開始。キャッチコピーは「漫画雑誌から生まれた日本一カンタンな新書」など。その名の示す通り、講談社の青年漫画誌『月刊アフタヌーン』の編集スタッフにより作られている。

表紙は「アフタヌーン」の頭文字「A」を青色で大きく配置し、Aの部分にそのテーマとなるイラスト文字が描かれている(『宙のまにまに 天体観測「超」入門 機材ゼロでも大丈夫!』を除く)。

『月刊アフタヌーン』での広告ページには、キャラクターデザイン藤島康介漫画忍アラズによる漫画「がんばれ!新書委員長」が掲載されている(2009年8月号より)。

創刊当初は「毎月発刊」を掲げていたが、開始から半年後の2009年10月10日を最期に新規発刊は停止している。刊行された作品数は2014年12月現在計16作であり、現状最期のタイトルは『アニメ最前線の声 メカビ・クリエイターインタビューズ1』となっているが、これの「2」以降も出ていない。

なお、『10年メシが食える漫画家入門』の続編にあたる書籍が2011年に出版されているが、こちらは同レーベルからではなく他社による刊行であった[1]

書誌情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『10年大盛りメシが食える漫画家入門』(アース・スター エンターテイメント)著者:樹崎聖、監修:菅野博之 ISBN 978-4-8030-0244-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]