アフガニスタン首長国 (バーラクザイ朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アフガニスタン首長国(バーラクザイ朝)
{{{公式国名}}}
File:Emblem of Afghanistan (1919-1926).svg|Emblem of Afghanistan (1919-1926)
国旗 国章
国の標語:不明
国歌:[[{{{略名}}}の国歌|不明]]
公用語 ペルシア語
首都 カブール
最大の都市 不明
政府
元首等 不明
首相等 不明
面積
総計 xxx,xxxkm2???位
水面積率 不明
人口
総計(xxxx年 xxx,xxx人(???位
人口密度 xxx人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxx(通貨不明)
GDP(MER
合計(xxxx年xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
GDP(PPP
合計(xxxx年xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
独立首長国不明
通貨 不明(???
時間帯 UTC不明 (DST:不明)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 不明
国際電話番号 不明

アフガニスタン首長国(Emirate of Afghanistan)はカブール首長国(ペルシャ語:امارتافغانستان、ローマ字:  Amārat-iAfghānistān)とも呼ばれ、中央アジア南アジアの間の首長国である。

現在はアフガニスタンと今日のパキスタンの一部である。

カブールバーラクザイ朝の創設者であるドスト・モハマド・カーンが支配したときに、ドゥッラーニー帝国から出現した。

首長国の歴史は、中央アジアの覇権をめぐるロシア帝国イギリスの間の「グレートゲーム」によって支配されていた。この時期は、アフガニスタンにおけるヨーロッパの影響によって特徴づけられた。アフガニスタン首長国は、 1823年3月14日のノウシェラの戦いでペシャーワルの旧アフガニスタン要塞の支配を失い、シーク帝国とのドゥッラーニー帝国の戦争を続けました。これに続いて、1839年に英国との最初のアングロアフガニスタン戦争が行われました。戦争は最終的にアフガニスタンが勝利し、イギリス軍は撤退した。

しかし、第二次アングロアフガニスタン戦争1880年)での敗北によってに、英国とアフガニスタン首長国はガンダマク条約に署名することとなった。これにより、英国は現代のパキスタン領内のアフガニスタンの領土を占領したが、現地の激しい抵抗に遭い撤退を余儀なくされた。その後アフガニスタン首長国は、第三次アフガン戦争後の1919年のアングロ・アフガン条約に署名し、アフガニスタン首長国の完全な独立を獲得した。1926年、アマヌッラーハーンは国をアフガニスタン王国として改革し、最初の王として即位し、これを以てアフガニスタン首長国は終焉した。

参照[編集]

  1. https://socialsciences.exeter.ac.uk/iais/downloads/Onley_Raj_Reconsidered.pdf
  2. Kohn, George Childs (2013). Dictionary of Wars. Revised Edition. London/New York: Routledge. p. 5. ISBN 9781135954949.
  3. Shultz, Richard H.; Dew, Andrea J. (22 August 2006). Insurgents, Terrorists, and Militias: The Warriors of Contemporary Combat. Columbia University Press. ISBN 9780231503426.
  4. Baxter, Craig (2001). "The First Anglo–Afghan War". In Federal Research Division, Library of Congress (ed.).