アフガニスタン地震 (2022年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2022年アフガニスタン地震
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2022年6月22日
発生時刻 2時24分36秒(現地時間)
震央 アフガニスタン・イスラム共和国の旗 アフガニスタン ホースト市英語版から南西46キロ
座標 北緯33度05分31秒 東経69度30分50秒 / 北緯33.092度 東経69.514度 / 33.092; 69.514
震源の深さ 10 km
規模    Mw5.9
最大震度    メルカリ震度階級VII
津波 なし
被害
死傷者数 死者1,000人以上
負傷者2,000人以上[1]
被害地域 アフガニスタン
パキスタン
出典:特に注記がない場合は[2]による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2022年アフガニスタン地震(2022ねんアフガニスタンじしん)は、2022年6月22日午前2時半頃(現地時間)にアフガニスタン東部のホースト州震源としたマグニチュード5.9の地震である[3]

概要[編集]

震源はアフガニスタンのホースト市英語版から南西方向に46kmの位置にあり、その深さは10キロである[2]

被害[編集]

パクティーカー州Gayan, Nika, Barmal, Zerokを中心に、1,000人以上が死亡、2,000人以上が負傷し、住宅1万棟が損壊した[4][5][6]。当該地域は、土や日干しレンガでできた耐震性の低い住宅が多く[7][2]、また発震時刻が深夜でほとんどの人が寝ていたことも被害が拡大した要因の一つとみられている[8]。24日、生存者の捜索が打ち切られた[6]

支援[編集]

23日、国連世界食糧計画は首都カブールで被災地へ送る小麦粉をトラックに積み込む作業を行った。日本政府から提供されたものを含む合わせて130トンが送られる[9]韓国台湾アラブ首長国連邦も支援を表明し、インドは、27トンの支援物資を国際援助機関向けに送ったと発表した[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]