アフィニティー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフィニティー
Affinity
Affinity reunion at a private party in 2006.jpg
34年ぶりに集結したメンバー(2006年6月、左からリンダ、ジョップ、フォスター、サーペルと代役ジェフ・キャッスル)
基本情報
別名 ICE(前身グループ)
出身地 イングランドの旗 イングランド
イースト・サセックス州ブライトン
ジャンル ジャズ・ロック
オルガン・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1968年 - 1972年
2006年
2011年
レーベル ヴァーティゴ
Angel Air Records
メンバー リンダ・ホイル
リントン・ネイフ
マイク・ジョップ
モー・フォスター
グラント・サーペル
ヴィヴィアン・マコーリフ
デイヴ・ワッツ

アフィニティーAffinity)は、イングランド出身のジャズ・ロックバンド

プログレッシブ・ロックの草創期に活動したグループの一つ。女性ボーカルのリンダ・ホイルを擁し、陰影で叙情的なアンサンブルを展開した。

来歴[編集]

[1]1968年、ジャズグループ「アイス (Ice)」として活動していたリントン・ネイフとグラント・サーペルを中心に、リンダ・ホイル、マイク・ジョップ、モー・フォスターのラインナップで結成。バンド名は、ジャズ・ピアニスト オスカー・ピーターソンのアルバム名(1962年作)に因む。しかし早々に、リンダが声帯手術を受ける事情があり、復帰するまでインストゥルメンタル・バンドとして活動した。翌1969年にリンダが復帰し、作品の制作に取り掛かる。

1970年セルフタイトルで唯一のオリジナル・アルバム『アフィニティー』を発表。

1971年、ツアーに疲れたリンダとネイフが脱退。女性ボーカルのヴィヴィアン・マコーリフとデイヴ・ワッツに交代する。

1972年、メンバーの音楽的方向性の相違により分裂。フォスター、ジョップ、サーペルが、元「マンフレッド・マン」のマイク・ダボのバンドに加入し全米ツアーに同行したため、バンドはそのまま崩壊した。

1998年、2代目ボーカルのヴィヴィアン・マコーリフが死去。

2006年、解散から34年ぶりにリンダ、ジョップ、フォスター、サーペルの創設メンバーが集結し、プライベートパーティーを催した。一時引退していたリンダは、これを契機に歌手活動を再開している[2]。他に、2011年にもイベントにて再集結し、この音源はライブ作品として翌年にリリースしている。

歴代メンバー[編集]

  • リンダ・ホイル (Linda Hoyle) – ボーカル (1968年–1970年、2006年、2011年)
  • リントン・ネイフ (Lynton Naiff) – キーボード (1968年–1970年)
  • マイク・ジョップ (Mike Jopp) – ギター (1968年–1972年、2006年、2011年)
  • モー・フォスター (Mo Foster) – ベース (1968年–1972年、2006年、2011年)
  • グラント・サーペル (Grant Serpell) – ドラムス (1968年–1972年、2006年、2011年)
  • ヴィヴィアン・マコーリフ (Vivienne McAuliffe) – ボーカル (1971年–1972年) ♰RIP.1998年
  • デイヴ・ワッツ (Dave Watt) – キーボード (1971年-1972年)
サポート
  • ジェフ・キャッスル (Geoff Castle) – キーボード (2006年)
  • ゲイリー・ハズバンド (Gary Husband) – キーボード (2011年)

変遷と担当楽器[編集]

第1期-1 1968年[編集]

  • リンダ・ホイル (Linda Hoyle) - vocal
  • リントン・ネイフ (Lynton Naiff) - organ
  • マイク・ジョップ (Mike Jopp) - guitar
  • モー・フォスター (Mo Foster) - bass guitar
  • グラント・サーペル (Grant Serpell) - drums

第1期-2 1968年 - 1969年[編集]

  • リントン・ネイフ (Lynton Naiff) - organ/piano
  • マイク・ジョップ (Mike Jopp) - guitar
  • モー・フォスター (Mo Foster) - bass guitar
  • グラント・サーペル (Grant Serpell) - drums


ホイルが声帯手術を受けたため、復帰するまでインストゥルメンタル・バンドとして活動。

第1期-3 1969年 - 1971年[編集]

  • リンダ・ホイル (Linda Hoyle) - vocal
  • リントン・ネイフ (Lynton Naiff) - organ/piano/electric piano/harpsichord/vibraphone
  • マイク・ジョップ (Mike Jopp) - guitar/acoustic guitar/12-string guitar
  • モー・フォスター (Mo Foster) - bass guitar/double bass
  • グラント・サーペル (Grant Serpell) - drums/percussion

+


1stアルバム『アフィニティー』録音。2ndアルバム用の曲「Yes Man」のデモ・レコーディングを行った。

第2期 1971年 - 1972年[編集]

  • ヴィヴィアン・マコーリフ (Vivienne McAuliffe) - vocal
  • デイヴ・ワッツ (Dave Watts) - organ/piano
  • マイク・ジョップ (Mike Jopp) - guitar/acoustic guitar
  • モー・フォスター (Mo Foster) - bass guitar/double bass
  • グラント・サーペル (Grant Serpell) - drums


アルバム用デモ・レコーディングを行った。この音源は『1971-72』として発表された。
『1971-72』にはフォスター(bass guitar/double bass/organ/electric piano/percussion)、ジョップ(guitar/acoustic guitar)の2人による新録インストゥルメンタル2曲も収録。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『アフィニティー』 - Affinity (1970年 第1期-3)
2002年盤CDにはシングル曲、ラジオ用音源、テレビ用音源、アセテート盤用デモ音源、2ndアルバム用デモ音源等を収録している。

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ・インストゥールメンタル1969』 - Live Instrumentals 1969 (2003年 第1期-2) ※1968年 - 1969年録音
  • Baskervilles Reunion:2011 (2012年)

コンピレーション[編集]

  • 『1971-72』 - 1971-72 (2003年 第2期) ※1971年~1972年に録音されたアルバム用デモ・レコーディング音源。
  • 『オリジンズ65-67』 - Origins 1965-67 (2004年) ※1965年~1967年録音。リントン・ネイフ、モー・フォスター(ドラム)参加。
前身バンドUSジャズ・トリオのライブ音源をまとめた作品。
  • 『アフィニティー -完全盤-』 - Affinity Ultimate Collection (2006年 第1期-1~第2期)
『アフィニティー』(ボーナス曲含)、『オリジンズ65-67』、『ライヴ・インストゥールメンタル1969』、『1971-72』に前身バンドラッセルズ・クランプアイスの音源も収録したCD5枚組。
  • Origins: The Baskervilles 1965 (2007年) ※1965年録音。モー・フォスター(ドラム)参加。
フォスターがアフィニティー以前に在籍していたバンドバスカヴィルズの音源をまとめた作品。

シングル[編集]

  • "Eli's Coming / United States Of Mind" (1970年 第1期-3) ※Linda Hoyle With Affinity名義

脚注[編集]

  1. ^ MEET THE SONGS 114回 アフィニティ『Affinity』”. カケハシ・レコード (2014年4月18日). 2018年9月28日閲覧。
  2. ^ リンダ・ホイル 『ピーセズ・オブ・ミー』以来44年ぶりとなる2ndソロ作を発表”. 芽瑠璃堂 (2015年6月4日). 2018年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

  • リンダ・ホイル
  • USジャズ・トリオ - リントン・ネイフ、グラント・サーペル、モー・フォスター(ドラムスとして)在籍
  • バスカヴィルズ - グラント・サーペル、モー・フォスター(ドラムスとして)参加
  • ラッセルズ・クランプ - グラント・サーペル在籍
  • アイス - リントン・ネイフ、グラント・サーペル、モー・フォスター、リンダ・ホイル在籍
  • セイラー - グラント・サーペル在籍
  • プリンシパル・エドワーズ・マジック・シアター - ヴィヴィアン・マコーリフ在籍
  • アードヴァーク - アルバム録音前にデイヴ・ワッツが在籍していた。