アフィジコリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフィジコリン
識別情報
CAS登録番号 38966-21-1 チェック
PubChem 457964
ChemSpider 10280269 チェック
ChEMBL CHEMBL29711 チェック
特性
化学式 C20H34O4
モル質量 338.48 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アフィジコリンまたはアフィディコリン英語:Aphidicolin)は、セファロスポラム・アフィジコラ(Cephalosporum aphidicola)という菌類から単離された抗菌性英語版抗ウイルス性抗有糸分裂英語版を持つ四環系ジテルペンである。アフィジコリンは真核生物DNA複製を可逆的に阻害する働きがある。アフィジコリンは、細胞周期をS期初期で止め、また真核細胞や、ワクチニアウイルス英語版[1][2]ヘルペスウイルスなどのウイルスにあるDNAポリメラーゼA,Dに対して特異的に働き、HeLa細胞においてはアポトーシス誘導剤として働く。自然界ではニグロスポラ・オリザエ英語版二次代謝産物として知られている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeFilippes, FM (1984 Nov). “Effect of aphidicolin on vaccinia virus: isolation of an aphidicolin-resistant mutant.”. Journal of virology 52 (2): 474-82. PMID 6436508. http://jvi.asm.org/content/52/2/474.abstract. 
  2. ^ Bucknall, R. A.; Moores, H.; Simms, R.; Hesp, B. (1973年9月1日). “Antiviral Effects of Aphidicolin, a New Antibiotic Produced by Cephalosporium aphidicola”. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 4 (3): 294–298. doi:10.1128/AAC.4.3.294. 
  3. ^ Aphidicolin product pageファーメンテク英語版

出典[編集]

  • Dhillon VS, Husain SA, Ray GN (2003年). “Expression of aphidicolin-induced fragile sites and their relationship between genetic susceptibility in breast cancer, ovarian cancer, and non-small-cell lung cancer patients”. Teratog., Carcinog. Mutagen. Suppl 1: 35–45. doi:10.1002/tcm.10068. PMID 12616595. 
  • Mahy, Brian W J (2001). A dictionary of virology (3. ed. ed.). San Diego, Calif. [u.a.]: Academic Press. p. 19. ISBN 978-0-12-465327-6.