アピキウス (紀元前1世紀の人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アピキウスアピシウスラテン語: Apicius紀元前1世紀頃)は、古代ローマの贅沢愛好家で、紀元前80年代に活動しており、当時の誰よりも派手な金遣いをしたとされる人物.[1][2]ポセイドニオスによると、ギリシア語でローマの歴史を書き、慎ましい方法で客をもてなすことで知られていたプブリウス・ルティリウス・ルフス英語版がローマから姿を消した件に、アピキウスが関わっていたという。

テルトゥリアヌスによると、このアピキウスは、後代の美食家やコックたちに、その名を与えることになり、特に有名な者としてはルクス・ガビウス・アピシウスや、さらに少し後の2世紀アピキウスがいた。アピキウスは、一族の名として継承されたわけではなく、「大食漢」を意味する渾名として名付けられていったもののようである。

同様の理由から、『アピキウス』は料理書英語版の題名として格好の言葉と見られ、ローマ帝政期末の料理の教科書『アピシウス』でも、また、それとは全く異なった、ウィニダリウス英語版の手によるものとされる、記述量がずっと少ない『Excerpta Apicii』でも、表題に付けられることになった。

脚注[編集]

  1. ^ Athen iv. p. 168d.
  2. ^ compare Posidonii Reliquiae, ed. Bake

参考文献[編集]

関連文献[編集]