アビンドン伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アビンドン伯爵
(兼リンジー伯爵)
Coronet of a British Earl.svg
Earl of Lindsey COA.svg

紋章記述

Arms:Argent three Battering Rams fesswise in pale proper beaded armed and garnished Azure.Crest:A Saracen's Head affrontée couped at the shoulders proper ducally crowned Or and charged on the chest with a Fret Azure.Supporters:Dexter: a Friar habited in russet-grey with a Crutch and Rosary all proper and charged on the breast with a Fret Azure; Sinister: a Savage proper wreathed about the temples and waist with Oak Leaves Vert and likewise charged on the breast with a Fret Azure
創設時期 1682年11月30日
創設者 チャールズ2世
貴族 イングランド貴族
初代 初代伯ジェイムズ・バーティ英語版
現所有者 9代伯リチャード・バーティ英語版
推定相続人 ノリス男爵ヘンリー・バーティ
付随称号 ノリス男爵
現況 存続
邸宅 ギルミンズクロフトハウス
旧邸宅 ワイタム・アビー(Wytham Abbey)
スパニッシュプレイスマンション(Spanish Place Mansion)
紋章標語 Loyalteé me oblige
(Loyalty binds me)
1938年よりリンジー伯爵を兼ねる

アビンドン伯爵(英:Earl of Abingdon)は、イギリスの伯爵貴族イングランド貴族爵位。

リンジー伯爵家の分流である第5代ノリス男爵ジェイムズ・バーティを始祖として、現在に至るまでバーティ家が保持する。1938年以降はリンジー伯爵(Earl of Lindsey)とは継承者を一にする。[註釈 1][1][2]

歴史[編集]

アビンドン伯爵位叙爵を認める勅許状(ヴィクトリア&アルバート博物館収蔵)
かつての伯爵家の邸宅であるワイタム アビー。

伯爵家の祖ジェイムズ・バーティ(1653-1699)は、リンジー伯爵家当主の後妻の長子として生まれた。[註釈 2][2]彼は1675年貴族院より議会招集を受けて、母方由来の爵位であるノリス男爵(Baron Norreys/Norris of Rycote)として貴族院議員となった。[3]彼はオックスフォードシャー統監英語版在職中の1682年イングランド貴族としてアビンドン伯爵(Earl of Abingdon)に陛爵した。[2][3]初代伯ののちは長男のモンタギューが爵位を継承した。

2代伯モンタギュー(1673-1743)は、アン女王の治世下で父同様にオックスフォードシャー統監に就任したほか、ロンドン塔代英語版タワーハムレット統監英語版を歴任した。[4]また、彼は勅許を得てその姓に「ヴェナブルズ(Venables)」を加えている。[2][5]彼が1743年に亡くなると、爵位は弟の息子ウィラビーが承継して、現在に至るまで3代伯ウィラビーの男系子孫によって伯爵位は継承されている。[2]

そのひ孫にあたる6代伯モンタギュー(1808-1884)は襲爵前にオックスフォード及びアビンドン選挙区選出の庶民院議員を務めた。[2]また彼の代にドーチェスターの邸宅を手放したという。[6]

8代伯モンタギュー(1887-1963)は、1951年に本家筋にあたる第13代リンジー伯爵モンタギュー・タウンリー=バーティ英語版の死去によってリンジー伯爵(Earl of Lindsey)を承継していたことが確認されたため、以降の伯爵家当主はリンジー伯爵を兼ねることとなった。[2][7]

その後を継いだ9代伯リチャード(1931-)がアビンドン伯爵及びリンジー伯爵家現当主である。

一族の邸宅は、イーストエアシャー州マホリン近郊のギルミンズクロフト・ハウス(Gilmilnscroft House)[2]

かつての邸宅には、オックスフォード州ワイタムに位置したワイタム・アビー英語版(Wytham Abbey)タウンハウスたるスパニッシュプレイスマンション(Spanish Place Mansion)のほか、同州ドーチェスターにも邸宅を有していた。[3][6]

現当主の保有爵位[編集]

現当主である第9代アビンドン伯爵リチャード・ヘンリー・ルパート・バーティは、以下の爵位を有する。[註釈 3][7]

アビンドン伯爵(1682年)[編集]

法定推定相続人は、現当主の息子であるノリス男爵(儀礼称号)ヘンリー・マーク・ウィロビー・バーティ(1958-)。

以前のノリス男爵家当主は、ノリス男爵を参照のこと。

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1938年はあくまで法令上の解釈であって、実際に継承したことが認められたのは1951年(デ・ファクト)。
  2. ^ 初代伯ジェイムズは、リンジー伯爵家当主第2代リンジー伯爵モンタギュー・バーティ英語版と後妻である第4代ノリス男爵ブリジット・レイとの間に生まれた長男である。そのため、第3代リンジー伯爵ロバート・バーティ英語版は初代伯の異母兄にあたる。
    そのため、初代伯はリンジー伯爵を継ぐことはできなかったが、母ブリジットからノリス男爵を継承することができた。
  3. ^ 叙爵順からいえば、本来はリンジー伯爵位を上位に記載すべきであるが、本記事はアビンドン伯爵の記事であるため、同爵位を優先表記した。

出典[編集]

  1. ^ Norris, Baron (E, 1572)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Abingdon, Earl of (E, 1682)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse. 
  4. ^ Watson, Paula; Gauci, Perry (2002). "VENABLES-BERTIE (formerly BERTIE), Montagu, Lord Norreys (1673-1743), of Rycote, Oxon.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart. The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 29 July 2019閲覧.
  5. ^ Naylor, Leonard; Jaggar, Geoffrey (1983). "VENABLES-BERTIE (formerly BERTIE), Montagu, Lord Norreys of Rycote (1673-1743).". In Henning, B. D. The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust.
  6. ^ a b Lobel, Mary D, ed (1962). “Parishes: Dorchester”. A History of the County of Oxford. Volume 7, Dorchester and Thame Hundreds. London: Victoria County History. pp. 39–64. http://www.british-history.ac.uk/vch/oxon/vol7/pp39-64. 
  7. ^ a b Lindsey, Earl of (E, 1626)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年1月14日閲覧。

関連項目[編集]