アビハイ・ロンツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アビハイ・ロンツキ
ヘブライ語: אביחי רונצקי
Avichai Rontzki.jpg
アビハイ・ロンツキ
生誕 (1951-10-01) 1951年10月1日
イスラエルの旗 イスラエル ハイファ
死没 (2018-04-02) 2018年4月2日(66歳没)
イスラエルの旗 イスラエル イタマール
所属組織 イスラエル国防軍
軍歴 1969年 - 2010年
テンプレートを表示

アビハイ・ロンツキヘブライ語: אביחי רונצקי‎、1951年10月1日 - 2018年4月1日)は、イスラエル軍人ラビ

来歴[編集]

ハイファ無宗教の両親との間に生まれる。しかし、ロンツキは神学校で宗教的な教育を受け、1969年イスラエル国防軍入隊。従軍ラビとして2010年までの長きにわたって軍人生活を送る。退役時の階級は准将

軍を退役した2012年3月現在、ロンツキは次のイスラエル国会総選挙に備え、急進右翼政党「国家統一党」と「ユダヤ人の家」を統合した新しい政党のトップになり、政治家になるのではないかという報道がなされた[1]

2018年4月1日イタマールにて直腸癌の為に亡くなった[2]。66歳没。

ガザ戦争での彼の行いについて[編集]

2008年末から2009年初頭にかけて行なわれたガザ戦争で、当時従軍ラビ総長だったロンツキは、イスラエル国防軍兵士や士官たちに戦時の合間にトーラーを毎日学習させるための教科書を作成した。

この行動は物議をかもした。何故なら、イスラエル国防軍は元来宗教との分離を公式方針としており、彼の行いはイスラーム過激派が毎日クルアーンを学習し、ジハードへと身を投じるのと違いがないとされたためである。

脚注[編集]