アパーチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アパーチャー: aperture)とは、カメラにおけるレンズ口径のことである。アパーチュアともいう。

概要[編集]

絞りによって形作られる開口部の大きさで、そのサイズはF値[1]で表される。

また、カメラ、映写機などで、フィルムに光線が当たり、画面枠が決まる窓の部分もアパーチャー(アパーチュア)とも呼ぶ(なおフィルムを貼付けた窓付きカードをアパーチャーカードという)。

この他、プリント基板の作成に使われる原版の構成要素もアパーチャーといわれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レンズの焦点距離÷レンズの口径、F値が大きいほど開口部は小さくカメラに入る光は少なくなる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]