アパッチ・リボルバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アパッチ・リボルバー
Apache revolver.svg
アパッチ・リボルバーの折り畳み図
アパッチ・リボルバー
種類 多用途ピンファイア式リボルバー
製造国 ベルギーの旗 ベルギー
設計・製造 Dolne Brevete、L. Dolne a` Liege社
年代 1869年
仕様
種別 ペッパーボックスピストル
口径 7mm
銃身長 なし
使用弾薬 27口径 7mm弾薬
装弾数 6発
作動方式 ピンファイア式
全長 伸長時 200mm、折り畳み時 105mm
重量 385g
歴史
設計年 1860年
製造期間 1869年
配備先 犯罪組織の構成員が主として使用
バリエーション 9mmパラベラム弾を使用する非公式の英軍仕様が第二次世界大戦に用いられた
テンプレートを表示

アパッチ・リボルバーは、他の武器を複数一体化した拳銃である。これは、アパッシュとして知られる1900年代初期のフランス犯罪社会の一党により悪名高くなった。

構造[編集]

本銃はペッパーボックスピストルで用いられたピンファイア式の原理を用いて作動し、グリップ部分となる折畳み可能なナックルダスターと合体している。また、一体化された稚拙な折り込み式のダガーが付属していた[1]銃身の欠如からこのリボルバーの有効射程は非常に限定された。しかし本銃の全ての主要な部品が弾倉の方へ向けて内側に折り畳むことができ、容易にポケットの中へ隠匿可能だった。通常、バッグやポケット内にトリガーガードや安全装置の付かない兵器を忍ばせる際には、撃針の下りている薬室から弾薬を抜いておき、暴発を予防する。本銃は照星と照門を欠き、正確に狙いをつけることはできなかった。また拳銃の口径から非常に限られた火力しか持たなかった。7mm口径弾は、銃身が付いた火器から射出されていてもなお性能が非常に限定された。この限定された性能にもかかわらず、このリボルバーは非常な近接距離では致死性を証明した[2]

制式名称のない、9mmパラベラム弾を用いる類似形状のリボルバーが、ブリティッシュ・コマンドスにより第二次世界大戦中に採用されたと推測されており、生産数に関する正確な統計と設計の詳細は公表されないままとなっている[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Weapon auction site with pictures and descriptions
  2. ^ McNab, Chris (2009). Firearms. Queen Street House, 4th Queen Street, Bath BA1 1HE, UK: Parragon. pp. 63. ISBN 978-1-4075-1607-3. 
  3. ^ Infanteriewaffen Gestern Band 1 (Infantry Weapons from Yesterday, volume 1), pages 263--264

外部リンク[編集]

アパッチ・リボルバー。リエージュの博物館収蔵品。