アバヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アバーヤを着た女性たち(イエメン)

アバヤあるいはアバーヤ (アラビア語: ‎عباءة、文語ではアバーア)とはアラビア半島を始めとするアラブ諸国の伝統的民族衣装。外套状の長衣の総称で男性用・女性用があるが海外では女性服の名称として知られている。

アラビア半島における現代アラビア女性のアバーヤは黒い物が有名。好みに応じて色々な色のアバーヤがありファッション性が高い物も売られている。

頭部は髪や首を隠すヒジャーブ、目以外の顔を隠すニカーブを着用するのが一般的。ヒジャーブをしない女性は髪を出した状態で普通のロングワンピースのように着用する。

イラク女性の伝統的アバーヤのように、ヒジャーブとセパレートになっておらず頭に引っかけて着るイランのチャードルと同じ形状のアバーヤも存在する。

概要[編集]

砂漠地帯の強い直射日光から全身の肌を守ることができる。色は黒いものが多く、女性の体のラインを最大限に隠すことが出来る。

サウジアラビアでは女性が外出時には必ず着用することが法律上の義務となっていることが知られていたが、開放政策に伴い強制ではなくなりヒジャーブをしない女性や髪を出したヒジャーブスタイルの女性も次第に見られるようになってきている。

関連項目[編集]