アハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アハメド・アリ Portal:陸上競技
Ahmed Ali Rio2016.jpg
選手情報
ラテン文字 Ahmed Ali
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スーダンの旗 スーダン
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 アメリカ合衆国の旗 サウス・プレインズ大学 (en
アメリカ合衆国の旗 アラバマ大学
生年月日 (1993-11-15) 1993年11月15日(26歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州ヒューストン
身長 173cm[1]
体重 75kg[1]
成績
オリンピック 200m 予選9組7着 (2016年)
世界選手権 200m 予選6組5着 (2017年)
自己ベスト
60m 6秒66 (2013年)
100m 10秒23 (2013年)
10秒12w (2013年)
200m 20秒16 (2016年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アハメド・アリAhmed Ali1993年11月15日 ‐ )は、スーダン陸上競技選手。アメリカ合衆国ヒューストン出身。専門は短距離走で、200mの20秒16をはじめ複数種目のスーダン記録保持者。2016年リオデジャネイロオリンピック男子200mスーダン代表

経歴[編集]

中学・高校・大学[編集]

中学1年の時に陸上競技を始めたが、当初は長距離走の選手だった[2]

アリーフ・ヘイスティングス高校 (en時代は、2012年にテキサス州選手権(Texas Class 5A Outdoor Championships)の男子200mで5位、ニューバランス室内全米大会(New Balance Indoor Nationals)の男子60mと男子200mに出場するなどの実績を残した[3]

サウス・プレインズ大学 (en時代は短期大学トップクラスのスプリンターとして活躍し、2013年の全米短期大学選手権(NJCAA選手権)の男子100mで4位、男子4×100mリレーで優勝に貢献。2014年の全米短期大学選手権では男子100mと男子200mで9位、男子4×100mリレーでは連覇に貢献した[3]

アラバマ大学時代は全米学生選手権(NCAA選手権)や南西部学生選手権(SEC選手権)で優勝を経験することはできなかったものの、全米学生選手権は2015年大会の男子4×100mリレーで8位に貢献、南西部学生選手権は2015年と2016年大会の男子4×100mリレーで3位に貢献した[4]

国際大会など[編集]

アメリカ合衆国代表として2013年7月のカザンユニバーシアード (en男子100mに出場予定だったが棄権した[5]

2015年7月15日からスーダンの選手として競技が可能になった[6]

2016年4月1日のフロリダリレー(Florida Relays)学生招待男子200mで今季世界最高記録(当時)およびスーダン新記録の20秒16(+2.0)をマークした[7]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒23 (0.0) 2013年4月6日 アメリカ合衆国の旗 ラボック
10秒12w (+5.0) 2013年5月18日 アメリカ合衆国の旗 ハッチンソン 追い風参考記録
200m 20秒16 (+2.0) 2016年4月1日 アメリカ合衆国の旗 ゲインズビル スーダン記録
室内
60m 6秒66 2013年2月16日 アメリカ合衆国の旗 レベルランド
200m 21秒33 2012年3月11日 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク

その他スーダン記録[編集]

種目 記録 年月日 場所
屋外
100m 10秒27 (+1.2) 2016年4月9日 アメリカ合衆国の旗 バトンルージュ
室内
60m 6秒84 2016年1月16日
2016年1月22日
アメリカ合衆国の旗 ナッシュビル
アメリカ合衆国の旗 バーミングハム
200m 21秒39 2016年2月5日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
スーダンの旗 スーダン
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 200m 予選 DQ レーン侵害
2016 アフリカ選手権 (en 南アフリカ共和国の旗 ダーバン 200m 準決勝 21秒38 (+1.2)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選 20秒78 (+0.6)
2017 アラブ選手権 (en チュニジアの旗 ラデス 200m 優勝 20秒49 (+1.9)
世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 200m 予選 20秒64 (+0.6)

脚注[編集]

  1. ^ a b Olympic Athletics”. 2016年リオデジャネイロオリンピック. 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月25日閲覧。
  2. ^ Alabama’s Ahmed Ali puts himself into position to compete for title”. Tuscaloosa News (2016年5月12日). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ a b 2015-16 Cross Country/Track & Field Roster”. アラバマ大学 (2017年9月25日). 2017年9月25日閲覧。
  4. ^ Ahmed Ali”. TFRRS (2017年9月25日). 2017年9月25日閲覧。
  5. ^ Athlete Information”. 2013年夏季ユニバーシアード (2017年9月25日). 2017年9月25日閲覧。
  6. ^ IAAF Newsletter(NEWS 165 - July 2015) / TRANSFERS OF ALLEGIANCE 国際陸上競技連盟 (PDF, 261 KB) 2017年09月25日閲覧
  7. ^ Ali floats to world lead, De Grasse goes sub-10 in Florida”. 国際陸上競技連盟 (2016年4月3日). 2017年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]