アネリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アネリア(Анелия
出生名 アネリア・アタナソヴァ
Анелия Атанасова / Anelia Atanasova
生誕 ブルガリア共和国スタラ・ザゴラ
(1982-07-01) 1982年7月1日(36歳)
出身地  ブルガリア
職業 歌手
活動期間 2002-
レーベル パイネル
公式サイト www.facebook.com/AneliaOnline

アネリア、本名アネリア・ゲオルギエヴァ・アタナソヴァブルガリア語:Анелия Георгиева Атанасова / Anelia Georgieva Atanasova)は1982年7月1日生まれ、ブルガリア共和国中南部スタラ・ザゴラ出身のポップ・フォーク歌手。

バイオグラフィー[編集]

アネリアは地元のスタラ・ザゴラで幼少時代を過ごした。アネリアの母親はピアニストであった。アネリアは幼稚園時代から音楽とのつながりを持っていた。彼女の両親はアネリアを音楽学校に通わせ、アネリアはヴァイオリンを始めた。

初等教育の初期のころ、彼女を教えた民謡歌手のスラヴカ・イヴァノヴァは、アネリアの歌唱と音楽の才能を見出し、アネリアは合唱グループに入った。その後、他の仲間とともに民謡トリオを結成した。この時が、アネリアがレコード業界への第一歩を踏み出したときであった。彼女はBalkantonとの契約を果たし、多くの民謡曲を演じた。

1996年、アネリアは幼少のころからヴァイオリンを習っていた音楽学校で学び続けていたが、翌1997年に彼女の父は交通事故により死亡した。ヴァイオリニストではなく歌手として、アネリアはプロへの転向を決意した。

2001年以来、アネリアはブルガリアのポップ・フォーク歌手ミルコ・カライジエフ(Милко Калайджиев / Milko Kalayzhiev)と共演し、カライジエフはアネリアの指導的立場となるとともに、彼女の音楽性に大きく影響を与えた。 この年、彼女はスヴィレングラトにて初めてプロモーション活動としてレコード販売店を訪れ、「Онемях като я чуй」を歌った。アネリアはその後スウェーデンに移り音楽のキャリアは一時中断したが、後にブルガリアに帰国し、パイネルとの契約を果たす。アネリアはトドル・ディミトロフのプロデュースにより彼女の初のアルバムを製作した。

2002年の春、アネリアは彼女の初のアルバム『Погледни ме в очите』を発売した。このアルバムには、ブルガリアの多くのラジオ局で放送され、コンピレーション・アルバム『Folk party volume 1』にも収録された彼女の楽曲「Погледни ме в очите」も納められている。彼女はこの時以来、多くのフェスティバルに招かれたり、他のパイネルの歌手とともにツアーに参加したり、パイネルの所有するテレビ局Planeta TVにも頻繁に登場するようになった。2002年の12月に発売されたこのアルバムは、2002年と2003年で合計6万枚を売り上げた。

2003年の8月、アネリアは自身の2枚目のアルバムの製作をはじめ、シングル「Обичай ме」を発売した。この楽曲は多くのコンピレーションに収録され、ラジオでも頻繁に放送された。セカンド・アルバムからの2枚目のシングルとして「Искам те」を2004年に発表した。アルバムは『Не поглеждай назад』と題され、前作同様によく売れた。アネリアはこれによって、一流スターとしての道を確固たる物としていった。

2004年の12月、アネリアはクリスマス・フェスティバルに招待された。他にこのフェスティバルに招待されていたのは、ブルガリアで人気のポップ・グループのグラファ(Grafa)やカリズマ、歌手のニナ・ニコリーナや、ポップ・フォーク歌手のデシ・スラヴァなどであった。2006年のアルバム『Пепел от рози』は8万枚を売り上げた。

2008年のアルバム『Единствен Ти』では、カリズマミロとの共演曲が収録されている。

私生活[編集]

2003年には実業家のコンスタンディン・ディネフと結婚し、同年12月には娘のイヴォンを出産している。しかし2007年にアネリアはディネフと離婚した。ディネフはその後エミリアと結婚している。

ディスコグラフィー[編集]

„Погледни ме в очите“(2002年)[編集]

  1. Погледни ме в очите — ремикс (вкл. видеоклип)
  2. Само тази нощ
  3. Лед и огън — дует с Нелина
  4. Не ме лъжи — дует с DJ Jerry
  5. Прости (вкл. видеоклип)
  6. Само мене нямаш (вкл. видеоклип)
  7. Без теб
  8. Чужди устни (вкл. видеоклип)
  9. Сама
  10. Не искай
  11. Погледни ме в очите (вкл. видеоклип)

„Не поглеждай назад“(2004年)[編集]

  1. Искам те (вкл. видеоклип)
  2. Една минута
  3. За теб, любов — дует с Гергана (вкл. видеоклип)
  4. Две тела
  5. Само тишина
  6. Не поглеждай назад (вкл. видеоклип)
  7. Бавно умирах
  8. Нежно с лъжа
  9. Няма вече
  10. Само ти
  11. Обичай ме, посветена на съпруга ѝ (вкл. видеоклип)

„Всичко води към теб“(2005年)[編集]

  1. Всичко води към теб (вкл. видеоклип)
  2. Как предаде любовта (вкл. видеоклип)
  3. Рисувай с устни
  4. Не спирай (вкл. видеоклип)
  5. Как да забравя
  6. Не мога да спра да те обичам (вкл. видеоклип)
  7. Още миг остани
  8. Намерих те
  9. Свикнах без теб
  10. Here and around the world (оригиналът е на английски език)

„Пепел от рози“(2006年)[編集]

  1. Само за миг (вкл.видеоклип)
  2. Само мой (вкл. ТВ версия)
  3. Вятър в косите ти (вкл.видеоклип)
  4. Щом си до мен (вкл.видеоклип)
  5. Отивам си, защото те обичам (вкл. ТВ версия)
  6. Пепел от рози (вкл. ТВ версия)
  7. Ще те забравя (вкл. ТВ версия)
  8. До зори (вкл.видеоклип)
  9. Прегръщай ме
  10. Ден без теб (вкл.видеоклип)

„Единствен Ти“ (2008年)[編集]

  1. Запомни
  2. Дъх (вкл. видеоклип)
  3. Следа от любовта (вкл.видеоклип)
  4. Забрави за мен
  5. Завинаги (вкл. видеоклип)
  6. Трети път
  7. Въпрос за любовта
  8. Единствен ти (вкл.видеоклип)
  9. Ти си слънцето в мен (вкл. видеоклип)
  10. Все едно ми е (вкл.видеоклип)
  11. Завинаги CLUB REMIX (вкл. ТВ версия)
  12. Следа от любовта INSTRUMENTAL

外部リンク[編集]

Payner Music