アニメーション・アカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アニメーション・アカデミーAnimation Academy)、ディズニードローイングクラスDisney Drawing Class)、マーベル・コミック・アカデミーMarvel Comic Academy)は、ディズニーパークにあるアトラクション。

このアトラクションが存在するパーク[編集]

過去に存在していたパーク

概要[編集]

ディズニー作品のキャラクターを描くことができるアトラクション、体験プログラム。教室のような部屋で、書画カメラスクリーンが置かれ、そこに映し出されるキャストの見本に従って手元の紙に描いていく。消しゴムは一切使わず、真っ白な紙と鉛筆のみを使用する。東京版を除き、無料で体験することができる。

各施設紹介[編集]

東京ディズニーランド[編集]

東京ディズニーランド(TDL)ワールドバザール内「ディズニーギャラリー」の最奥の部屋で行われていた。もともとこの部屋は「ディズニーギャラリー」の他の部屋と同じような展示室だったが、このクラスが開講されるのに伴い教室にリニューアルした。


スタンダードコースは510円(1名)、アドバンスコースは1,030円(1名)で、当日予約のみ可能。前払いとなっており、予約をする際に「ディズニーギャラリー」1階にあるカウンターで受付をする。定員となり次第受付を終了するが、空いているときなどはおおよそ開始時間の15分~30分前で受付を締め切る。まれに開始時間ぎりぎりまで受付をしている場合もある。


完成した絵は専用の手提げ袋に入れてもらえ、持ち帰ることができる。


2016年2月19日にビビディ・バビディ・ブティックが2017年春に作られることが発表となり、「ディズニーギャラリー」および「ディズニードローイングクラス」が2016年秋にクローズすることが決まった[1]。その後2016年9月30日をもってクローズとなった。

沿革[編集]

キャラクターの名称をとり、"○○クラス"としているが、正式名称ではない。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]