アニアーラ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アニアーラ事件(アニアーラじけん、: Anjalaförbundet: Anjalan liitto)とは、18世紀フィンランドスウェーデン=フィンランド)で起きた、フィンランド士官による分離独立を目指した事件である。名称はフィンランド南東部の村落名から取られている。

当時のフィンランドは、スウェーデン王国従属国であった。フィンランドの地位は低く、ロシア帝国との最前線において夥しい犠牲を強いられてきた。そこへ宗主国スウェーデンの国王グスタフ3世がロシア帝国への戦端を開く決定を行った。1788年の事である(ロシア・スウェーデン戦争)。戦場となるフィンランドではグスタフ3世に対する非難が巻き起こった。この中でフィンランド士官112名が、ロシア女帝エカチェリーナ2世への和平嘆願書を作成した。戦闘の士気はフィンランドでは低く、スウェーデン軍はロシア陸軍に苦戦を強いられた。しかし密議は結局露見し、失敗に終わった。112人の士官のうち、17人に死刑の判決が下りたが、グスタフ3世は、首謀者1名を除き全て赦免している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]