アナ・ブルナビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アナ・ブルナビッチ
Ана Брнабић
Ana Brnabic, July 3, 2018.jpg
2018年
生年月日 1975年9月28日
出生地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
セルビア社会主義共和国の旗 セルビア共和国
ベオグラード
出身校 ノースウッド大学
ハル大学
所属政党 セルビア進歩党

セルビア共和国の旗 セルビア第5代首相
在任期間 2017年6月29日 - 在任中
大統領 アレクサンダル・ヴチッチ

在任期間 2020年10月22日 - 2020年10月28日

在任期間 2018年5月16日 - 2018年5月29日

セルビア共和国の旗 セルビア行政・地方自治大臣
在任期間 2016年8月11日 - 2017年6月29日
テンプレートを表示

アナ・ブルナビッチローマ字:Ana Brnabić、セルビア語:Ana Brnabić、1975年9月28日 -)は、セルビア政治家であり、2017年からセルビア共和国第5代首相を務めている。

経歴[編集]

ベオグラードで生まれた。米国のノースウッド大学で学士を取得した後、イギリスハル大学修士号を取得。卒業後はUSAIDを含む海外の国際機関、セルビア国内の企業で勤務していた[1]

2016年8月に行政・地方自治大臣に任命された。2017年に首相に就任した際に自身は親欧州主義テクノクラート推進派であると語った。2018年5月、財務大臣であったドゥシャン・ヴヨノヴィッチ英語版の辞任に伴い、首相として財務大臣代行を兼任する。

ドイツ国営の放送局であるドイチェ・ヴェレでのインタビューでスルプスカ共和国軍の行為であったスレブレニツァの虐殺の存在について、全く存在しなかったと発言する。その後、国際司法裁判所は虐殺について、彼女が虐殺の存在を否定したと非難した[2]

コソボとの外交に関して、記者会見で「私達は武力を使用しない事も願っているが、嵐作戦のような紛争は二度と望まない」と述べた[3]。対立国であるコソボの外務大臣は人種差別者である彼女の入国を許可しないと意向を示した[4]

LGBTの法改正については、他の政治改革を優先するため、LGBTの法改正を推進するつもりはないと述べた[5]。一部のLGBT活動家は彼女がLGBTの平等を主張できなかったと語っている[6][7]

私生活[編集]

セルビア人政治家として初めて、レズビアンである事を公表した[8]。自身のパートナーであるミリツァ・ジュルジッチは2019年に男児を出産した[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]