アナプラズマ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナプラズマ病
Anaplasma-centrale.jpg
ウシの赤血球に感染したAnaplasma centrale。矢印は典型的な感染細胞を指している。
診療科 獣医学

アナプラズマ病(アナプラズマびょう、: anaplasmosis)は、アナプラズマ属の細菌 Anaplasma marginale あるいは Anaplasma centrale 感染を原因とする牛の感染症。Anaplasma marginale感染を原因とするアナプラズマ病は、家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されている。

感染はマダニ類や吸血動物媒介性であり、これらの媒介動物はバベシアタイレリアも同時に媒介することから、混合感染の比率が高い。発熱、貧血黄疸などの症状を示し、その症状は若齢では弱く、高齢になるほど強くなる。診断は血液塗抹のギムザ染色CF反応、毛細管凝集反応、間接蛍光抗体法によって行う。

治療にはガナゼック(ジミナゼンジアセチュレート)、パマキン(8-アミノキノリン製剤の1つ)、テトラサイクリン系抗生物質が有効。予防はマダニ類や吸血動物の駆除が有効である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]