アナハイム・ラボトリー・ログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アナハイム・ラボラトリー・ログ (ANAHEIM LABORATORY LOG) は、矢立文庫にて連載されているガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。メカニカルデザインを瀧川虚至夏元雅人岡正信が、ストーリーを石井誠高村泰稔がそれぞれ担当している。

あらすじ[編集]

宇宙世紀100年、アナハイムエレクトロニクス社のラボトリーに納められていた、公表されていない新型モビルスーツの試作報告や検証実験、試作運用時のレポートなどが複数発見される。 これらは軍需企業としてさまざまな技術、機体を開発してきたアナハイム社において、様々な理由により公表されていない裏の記録であり、略称として「アナログ」と呼ばれ、失われたと思われていたモビルスーツたちのミッシングリンクをつなぐ鍵として日の目を見ることとなる。

作品リスト[編集]

各エピソードのあらすじ及び登場する兵器は以下の通り。

  1. 第1話:消えた赤い機体
  2. 第2話:アクシズからの帰還
  3. 第3話:MS新時代に向けた飛翔
  4. 第4話:メガライダー最終試験
      • FXA-08R-X1 プロト・メガライダー
      • RGM-79C ジム改(エゥーゴ仕様)

脚注[編集]