アドルフ・ポリッツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いポリッツァー・アドルフと表記することもあります。
アドルフ・ポリッツァー
Adolf Pollitzer
生誕 1832年7月23日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 ペシュト
死没 (1900-11-14) 1900年11月14日(68歳没)
イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト

アドルフ・ポリッツァーAdolf PollitzerまたはAdolph Pollitzer 1832年7月23日 - 1900年11月14日)は、ハンガリーユダヤ人ヴァイオリニスト

生涯[編集]

ポリッツァーはペシュトに生まれた。1842年、ペシュトを離れてウィーンに赴いた彼は、ウィーン国立音楽大学においてヴァイオリンヨーゼフ・ベームに師事し、14歳で同校の1等賞を獲得した。ドイツでの演奏旅行を終えた彼はパリへ向かい、ジャン・アラールの下で研鑽に励んだ。1850年イギリス海峡を越えてロンドン入りすると、彼のヴァイオリニストとしての優れた才能は瞬く間に知れ渡るようになる。彼はマイケル・コスタの下でハー・マジェスティーズ・シアターの指揮者を務め、新しい管弦楽団やロイヤル・コーラル・ソサエティも率いた。

ポリッツァーは室内楽曲に卓越した解釈を見せ、その演奏は「偉大な様式」と呼ばれるようなものだった。ヴァイオリンの教師としての彼は当時のイングランドで最も優れた人物とされ、多くの門下生が彼の指導の下で才能を花開かせた。1861年ロンドン音楽演劇アカデミーが開校されるとポリッツァーはヴァイオリンの教授に就任した。1870年までこの職を務めた彼は、同年にヘンリー・ワイルドの後任としてアカデミーの学長に就任し、生涯この職に留まった。彼はロンドンに没した。

ポリッツァーの門弟にはハロルド・バウアーエドワード・エルガーらがいる。

参考文献[編集]

  •  この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Joseph Jacobs, Goodman Lipkind (1901–1906). "Pollitzer, Adolph". In Singer, Isidore; et al. Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls Company.
  • Jewish Chronicle, November 23, 1900

外部リンク[編集]