アドルフ・シュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドルフ・シュレーター
Adolph Schroedter
Adolph Schroedter-Selbstbildnis-1835.jpg
生誕 1805年6月28日
ドイツの旗 ドイツ, Schwedt/Oder
死没 1875年12月9日
ドイツの旗 ドイツ, カールスルーエ

アドルフ・シュレーター (Adolph Schroedter、 Adolf Schrödter とも、1805年6月28日 - 1875年12月9日)はドイツの画家、イラストレーターである。

略歴[編集]

ブランデンブルク州のSchwedt/Oderで生まれた。版画家の家に生まれ、1820年からベルリン美術アカデミーで版画家のブッフホルン(Ludwig Buchhor)に学ぶが、絵画に転じ、1827年からベルリンの美術アカデミーで学んだ後、1829年にデュッセルドルフ美術アカデミーに移り、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウに学んだ。

1839年にデュッセルドルフの画家、イラストレーターのアルヴィネ・ホイザー(Alwine Heuser)と婚約し、1840年に結婚した。妻の姉妹、 Louise Wüste と Adeline Jaegerも画家として活動した。

1847年からデュッセルドルフの月刊誌「Düsseldorfer Monathefte」のイラストレータとして働き[1]、1848年から1849年はフランクフルトで政治家、作家のデトモルト(Johann Hermann Detmold)の著作の挿絵を描いた。

1854年にデュセルドルフに戻り、かつて画家のヨハン・ヴィルヘルム・シルマーが住んだ家に住み、ルドルフ・ヴィークマン夫妻やカール・フェルディナンド・ゾーンといった画家たちと親しい隣人になった[2]

1859年にカールスルーエの工芸学校(Karlsruher Polytechnikum)の教授になり、その仕事は1872年まで続けた。娘のMalwineは、カールスルーエで教えた学生で、後にベルリン美術アカデミーの校長となったアントン・フォン・ヴェルナーと結婚した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Max Georg Zimmermann: Schroedter, Adolph. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 32, Duncker & Humblot, Leipzig 1891, S. 545–548.
  • Georg Kaspar Nagler: Neues allgemeines Künstler-Lexicon. Verlag E.A. Fleischmann, München 1846, Band 16 (Schoute.–Sole.), S. 24–28.
  • Die Selbstvermarktung von Adolph Schroedter. In: Nadine Müller: Kunst & Marketing. Selbstvermarktung von Künstlern der Düsseldorfer Malerschule und das Düsseldorfer Vermarktungssystem 1826–1869. Dissertation Heinrich-Heine-Universität Düsseldorf, Verlag Schnell & Steiner, Regensburg 2010, ISBN 978-3-7954-2342-1, S. 194–276.

脚注[編集]

  1. ^ Hanna Gagel: Die Düsseldorfer Malerschule in der politischen Situation des Vormärz und 1848. In: Wend von Kalnein (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule. Verlag Philipp von Zabern, Mainz 1979, ISBN 3-8053-0409-9, S. 82 ff.
  2. ^ Schroedter, Adolph, Maler, Pfannenschoppenstraße 35, in Adreß-Buch der Bürgermeisterei Düsseldorf, 1856, S. 164