アドルフ・サミュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・サミュエル
Adolphe Samuel
出生 1824年7月11日
ベルギーの旗 ベルギー リエージュ
死没 1898年9月11日(満74歳没)
ベルギーの旗 ベルギー ゲント
ジャンル クラシック
職業 音楽評論家指揮者作曲家

アドルフ=アブラアム・サミュエルAdolphe-Abraham Samuel1824年7月11日 - 1898年9月11日)は、ベルギー音楽評論家指揮者作曲家

生涯[編集]

サミュエルはリエージュに生まれた。もともとはユダヤ教徒であったが、後にキリスト教へと改宗している[1]。彼はブリュッセルで多くの時間を過ごしたが、この町ではフランソワ=ジョゼフ・フェティスに師事し、エクトル・ベルリオーズと親交を築いた[1][2]。また、彼はリエージュ王立音楽院においてはジョゼフ・ドーソワーニュ=メユールの薫陶を受けた[3]

サミュエルは1845年にベルギーのローマ大賞[注 1]を受賞した[1]。彼は交響曲を7曲(1846年-1894年)[1]オペラを5作品(1845年-1854年)[4]、また初代ベルギー国王レオポルド1世の即位25周年を祝うカンタータL'union fait la force』(1856年)などを作曲した[1]

サミュエルは1865年から複数の管弦楽団で指揮活動を行い、ペーテル・ブノワアントン・ルビンシテインら他の作曲家の作品を取り上げたポピュラー・コンサートを催した。その後、1871年に指揮者の職を退き、ゲント王立音楽院の院長に就任した[1][5]後、1898年ゲントに没している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本家のローマ大賞に倣って1832年に創設された賞。(Prix de Rome (Belgium)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Dewilde, Jan (2006年). “Samuel - Symphonie Nr. 6 op. 44” (German, English, Dutch, French). Munich: Musikproduktion Jurgen Hoeflich. 2013年1月19日閲覧。
  2. ^ Berlioz in Belgium”. 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月18日閲覧。
  3. ^ Denis Havard de la Montagne. “Joseph Daussoigne-Méhul”. www.musimem.com. 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ Opera Glass
  5. ^ Pratt, Mendel: The History of Music: A Handbook and Guide for Students - Google ブックス, page 588.