アドミラル・グリゴロヴィチ級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アドミラル・グリゴロヴィチ級フリゲート
Адмирал Григорович.jpg
アドミラル・グリゴロヴィチ
艦級概観
艦種 フリゲート
運用者  ロシア海軍
艦名
建造期間 2010年 - 建造中
就役期間 2016年 - 現在
前級 22350型 (ゴルシコフ級)
次級 最新
性能諸元
排水量 基準:3,850t
満載:4,035t
全長 124.8m
全幅 15.2m
吃水 4.5m
機関 COGAG方式
DS-71ガスタービンエンジン
(9,000馬力)
2基
DT-59ガスタービンエンジン
(19,500馬力)
2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大32 kt
航続距離 4,850 nmi/18 kt
乗員 180名
兵装 A-190 100mm単装速射砲 1基
AK-630 30mmCIWS 2基
3S90 12連装VLS
(シュチーリ-1SAM用)
2基
3S14 UKSK 8連装VLS
(P-800カリブルNK SSM用)
1基
RBU-6000対潜ロケット砲 1基
533mm 連装魚雷発射管 2基
艦載機 哨戒ヘリコプター 1機
C4I 戦術情報処理装置
FCS 3R90 SAM用 4基
5P-10ロシア語版 砲用 1基
3P87 CIWS用 2基
3R14N SSM用 1基
レーダー フレガート-M2EM 3次元式 1基
MR-352 低空警戒用 1基
ガルプンE 長距離対水上用 1基
MR-212/201-1 対水上捜索用 2基
ソナー 艦首装備式 1基
可変深度式 1基
電子戦 ASOR電波探知妨害装置
PK-10 10連装デコイ発射機 8基

アドミラル・グリゴロヴィチ級フリゲート英語: Admiral Grigorovich-class frigate)は、ロシア海軍フリゲートの艦級。正式名は11356M型フリゲートロシア語: Фрегаты проекта 11356М[1][2][3](11356Rとされる場合もある)。

来歴[編集]

黒海艦隊は、ロシア帝国海軍以来の主要艦隊の一つである。しかしその主要基地であるセヴァストポリは、ソ連崩壊の過程でウクライナ領に編入されており、艦隊の分割と基地の使用権に関する協定によってロシア海軍黒海艦隊の使用継続が認められたものの、艦隊の装備更新には同国の同意が必要となったことから、艦艇・機材の老朽化が進んでいた[2]

2008年南オセチア紛争の際、アメリカ海軍をはじめとする北大西洋条約機構(NATO)諸国海軍の艦隊が黒海に進入した。これは人道援助軍事演習を目的としたものであったが、特にロシア枢要部がイージス艦トマホーク武器システムの射程に収められたことは、ロシア指導部にとって重大な危機感を抱かせることになった。また2010年代に入ると、アラブの春に端を発する中東情勢の不安定化に伴い、NATO艦艇の黒海展開は更に頻繁化していった[4]

これに対抗する必要上、ロシア海軍にとって、黒海艦隊の更新は喫緊の課題となった。当時、ロシア海軍ではアドミラル・ゴルシコフ級(22350型)の整備を進めていたものの、これは比較的先進的な設計を採用していたために、建造は遅れがちであった。黒海の情勢変化が急激であったことから、こちらに配備する艦艇は、既存の艦をもとにした漸進的な設計とされた。これに応じて建造されたのが本級である[2]

設計[編集]

上記の経緯より、ヤンターリ造船所がインド海軍向けに建造した11356型(タルワー級)の設計を元にした発展型とされている[1][2][3]

船体の主要寸法は11356型とほぼ同様である。上部構造物は艦橋・煙突・ハンガーの3つのセクションに分かれており、いずれも主構造材として鋼を用いている。ステルス艦化を図っているのも11356型と同様である[1][2]

主機関も、11356型と同系列のM7N1型COGAG機関とされた。これは巡航機としてUGT-6000(DS-71; 1基あたり9,000馬力)、高速機としてUGT-16000(DT-59; 1基あたり19,500馬力)を組み合わせたもので、2セット搭載して両舷の推進器を駆動している[1]

機関問題[編集]

ロシアでは機関であるM7N1型のうち、UGT-6000のDS-71については、組み立てや一部部品の供給をウクライナに依存しており、ウクライナへのロシアへの介入に関連して2014年6月にウクライナ政府が発したロシア向け武器輸出の全面禁止措置に伴い、4番艦以降への搭載分が入手できなくなるというトラブルが生じた[3]。そのため内部区画を再設計した上で、出力27,000馬力のM90FRを2基使用する案と14,000馬力M70MFRUを4基使用する案が検討され[5]、最終的にM90FRを搭載することとなった[6]。統一造船会社はウクライナがガスタービンエンジン供給を拒否した事に関連し、2015年に裁判を起こすつもりであると発表した[7]。2017年6月、M70FRU 4基によるCOGAGとすることが発表された[8]

装備[編集]

装備面では、多くの点で刷新されている。

艦対空ミサイル・システムは、アドミラル・ゴルシコフ級(22350型)で採用されていた3K96 リドゥートではなく、11356型と同系列のシュチーリ-1が採用されたが、発射機はVLS化された3S90E.1に変更された[3]。また近距離迎撃用として最大射程15km、最小射程500mの9M100ミサイルをシュチーリ-1のVLSからも発射できるようにする計画がある[9]

対地・対艦兵器としては、8セルの3S14 UKSKを搭載しており、ここからカリブルNKおよびP-800を発射できる[3]。これにより、ロシアの大型水上戦闘艦艇として初めて、有力な長距離対地火力投射能力を具備することとなった。かつてはブラモスの搭載も検討されていた[10]

主砲も、同じA-190 100mm単装速射砲ではあるが、砲盾がステルス化されたA-190-01に更新された[2]

戦術情報処理装置としては、タルワー級の搭載するトレーボヴァニェ-Eは輸出向けのダウングレード版であるため、同時に24の目標までしか処理できなかったが、ロシア本国向けの本艦が搭載するトレーボヴァニェ-Mでは256の目標を同時に扱うことができる[11]。またトレーボヴァニェ-Mではなくシグマを搭載しているという説もある[2]

またオルラン-10英語版無人機を搭載する。この試験は2017年秋に実施され、砲撃とミサイルを使い高精度で海と陸上のターゲットを攻撃することを可能にする。オルラン-10はカタパルトで発艦し、任務終了後パラシュートで甲板に着艦する。無人機搭載によりレーダー外や地平線を越えた目標の捕捉が可能となる[12]

配備[編集]

当初は9隻を建造予定であったが[13]、2015年に6隻に変更されている[14]

1番艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」は2010年に起工され、2014年3月14日に完成した。2015年8月には引き渡しが行われるとされていたが、冷却器の不具合により9月以降に延期され[15]、2016年3月10日に納入された[16]。同年中にシリア内戦に実戦投入され、アドミラル・グリゴロヴィチの艦上からミサイルを発射する様子をロシア国防省が公開している[17]

機関問題により4番艦以降の建造は遅れ配備について二転三転した。当初機関問題により2017年2月に「アドミラル・ブタコフ」と「アドミラル・イストミン」のインドへの売却が決まったと報じられたが[18]、6月に3隻を機関を国産のM70FRUとしたうえで2018年よりバルト艦隊向け(これは7月に黒海艦隊と報道された[19])に建造を再開すると報じられた[8]。しかし8月に2隻をインドへ売却し、1隻はロシア海軍向けに完成させることが発表された(売却分の2隻は追加発注)[20]

艦名 造船所 起工 進水 就役 配備艦隊 状態 備考
アドミラル・グリゴロヴィチ ヤンターリ 2010年
12月18日
2014年
3月14日[21]
2016年
3月11日[22]
黒海 就役 2010年に起工され、2014年3月14日に完成した。2015年8月には引き渡しが行われるとされていたが、冷却器の不具合により9月以降に延期され[23]、2016年3月10日に納入された[24]。同年中にシリア内戦に実戦投入され、アドミラル・グリゴロヴィチの艦上からミサイルを発射する様子をロシア国防省が公開している[25]
アドミラル・エッセン 2011年
7月8日[26][27]
2014年
11月7日[28]
2016年
6月7日[29]
就役 2016年11月にスクリューと推進軸を損傷修理[30]

2017年、地中海に展開。同年5月31日、シリアの反政府組織の拠点に向けて巡航ミサイルを発射[31]

アドミラル・マカロフ[32][33][34] 2012年
2月29日[35][36]
2015年
9月2日
2017年
12月27日[37]
就役 2017年12月25日に納入[38][39]
アドミラル・ブタコフ 2013年
7月13日[40]
2016年
3月5日
インド海軍  建造中 建造途中でインド海軍に売却。ロシアで完成される[18]
アドミラル・イストミン 2013年
11月15日[41]
2017年
11月16日[42]
建造中 建造途中でインド海軍に売却。ロシアで完成される[18]。機関問題により建造を中止していたが、2017年11月16日に再開[42]
アドミラル・コルニーロフ 2017年
11月16日[42]
黒海(?) 建造中

輸出[編集]

2010年11月には、インド海軍が3隻の11356M型警備艦の建造を契約する見込みがあると報じられていた[43]

2015年3月には、生産が停止しているロシア海軍向けの3隻について統一造船会社のイーゴリ・ポノマリョフはインドへの売却交渉が行なわれていると発表した[44]。しかし、同年5月国防省は4番艦以降についてロシア製エンジンの完成を待ち、インドへの売却を行わないとした[45]。10月には、巡航機を国産代替機であるM90FPに変更する予定である4番艦以降の完成が2019年-20年で建造計画が大きく遅れる見込みであり、ウクライナ危機に端を発する西側諸国経済制裁原油価格の下落による財政悪化もあって、これら3隻を海外に輸出し(エンジンは輸出後にウクライナから顧客が別途で購入する)、ほかの艦船の建造費に割り当てるという計画が持ち上がっていることが報じられた[6]

2016年8月にはこの3隻をインドが取得するとすることが報じられた。機関が搭載されておらず自走できないためヤンターリでは輸送方法について検討している。この3隻についてはブラモスの運用能力が付加されるとされる[46]。10月には4隻売却されるタルワー級フリゲートの内2隻がロシアで完成され、残り2隻がインドでライセンス建造されるとされた[47][48]

2017年1月、ヤンターリが建造する2隻について、ロシアが9億9,000万ドルを提案したのに対しインド側が同意しなかったと報じられた[49]

2017年2月、ロシアで建造する2隻は「アドミラル・ブタコフ」と「アドミラル・イストミン」であることが正式に明かされた[18]

2017年11月16日、インドへの売却契約は、近い将来に行われる予定であるとFlotPromが報じた[50]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 595. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b c d e f g 小泉悠「アドミラル・グリゴロヴィッチ級FFG (特集 世界の新型水上戦闘艦)」、『世界の艦船』第782号、海人社、2013年8月、 96-97頁、 NAID 40019721131
  3. ^ a b c d e 小泉悠「ロシア水上戦闘艦の戦力分析 (特集 世界の水上戦闘艦 その最新動向)」、『世界の艦船』第832号、海人社、2016年3月、 98-103頁、 NAID 40020720349
  4. ^ 香田洋二「現代水上戦闘艦の新傾向を読む (特集 世界の水上戦闘艦 その最新動向)」、『世界の艦船』第832号、海人社、2016年3月、 70-77頁、 NAID 40020720323
  5. ^ Разработчик фрегатов проекта 11356 рассматривает два варианта замены украинских двигателей
  6. ^ a b Russia hoping to export three sanction-hit Admiral Grigorovich-class frigates
  7. ^ ОСК заявила, что будет добиваться поставки украинских двигателей в суде
  8. ^ a b Застрявшие «Буревестники» вернут в серию
  9. ^ «Адмиралов» вооружат «сотовыми ракетами» | Статьи | Известия
  10. ^ Российские фрегаты вооружатся ракетами "БраМос"
  11. ^ 野木恵一「ロシア海軍注目の新艦載兵器」、『世界の艦船』第675号、海人社、2007年6月、 90-95頁、 NAID 40015458630
  12. ^ «Адмиралы» заглянули за горизонт | Статьи | Известия
  13. ^ На заводе «Янтарь» в Калининграде планируется построить для ВМФ России девять фрегатов
  14. ^ Минобороны РФ не будет продолжать строительство кораблей проекта 11356
  15. ^ Передача ВМФ фрегата "Адмирал Григорович" откладывается на месяц
  16. ^ Завод "Янтарь" передаст ВМФ России фрегат "Адмирал Григорович"
  17. ^ 動画:露国防省、フリゲート艦からのミサイル発射の新映像公開AFP通信(2016年11月16日)2016年11月27日閲覧
  18. ^ a b c d Россия продаст Индии фрегаты, простаивавшие без украинских двигателей
  19. ^ Три фрегата для ЧФ строятся на заводе "Янтарь", следующие контракты запланированы с иностранными заказчиками - заместитель главкома ВМФ
  20. ^ ОСК достроит для Индии два фрегата проекта 11356, заложенные для ВМФ РФ - Армия и ОПК - ТАСС
  21. ^ Russia Floats Out New Frigate for Black Sea Fleet
  22. ^ ПСЗ "Янтарь" сдал "Адмирала Григоровича"
  23. ^ Передача ВМФ фрегата "Адмирал Григорович" откладывается на месяц
  24. ^ Завод "Янтарь" передаст ВМФ России фрегат "Адмирал Григорович"
  25. ^ 動画:露国防省、フリゲート艦からのミサイル発射の新映像公開AFP通信(2016年11月16日)2016年11月27日閲覧
  26. ^ На заводе "Янтарь" началось строительство корабля для ВМФ Росси
  27. ^ "Адмирал номер два": фоторепортаж "Нового Калининграда.Ru" - Новый Калининград
  28. ^ Admiral Essen frigate to be handed to Russian Navy by end of 2015
  29. ^ Новейший фрегат "Адмирал Эссен" передали ВМФ России
  30. ^ Новейший сторожевик "Адмирал Эссен" поставлен в док на ремонт
  31. ^ シリアのISを標的、ロシアの戦艦と潜水艦が巡航ミサイル発射 AFP(2017年5月31日)2017年5月31日閲覧
  32. ^ Новые фрегаты для ВМФ России получат имена царских адмиралов
  33. ^ First frigate of the new project was laid down in Kaliningrad for Russian Navy
  34. ^ New frigate laid down at Yantar shipyard in Kaliningrad Archived 2012年9月13日, at the Wayback Machine.
  35. ^ Флоту – новый фрегат
  36. ^ Russia to Lay Down New Frigate for Navy
  37. ^ Новый фрегат Черноморского флота «Адмирал Макаров» будет базироваться в Севастополе - Армия и ОПК - ТАСС
  38. ^ Фрегат "Адмирал Макаров" передали заказчику
  39. ^ Минобороны получило третий сторожевой корабль проекта 11356 - РИА Новости, 25.12.2017
  40. ^ Russia Lays Down New Frigate for Black Sea Fleet
  41. ^ Baltic Shipyard Starts Work on New Frigate for Russian Navy
  42. ^ a b c На "Янтаре" спустили на воду пятый и шестой фрегаты проекта 11356
  43. ^ Киселева, Елена (2010年11月19日). “Российские судостроители решили отказаться от услуг "Рособоронэкспорта"” (ロシア語). http://kommersant.ru/doc.aspx?DocsID=1541682 2010年11月23日閲覧。 
  44. ^ Россия ведет переговоры о продаже Индии фрегатов проекта 11356
  45. ^ На фрегаты вместо украинских двигателей поставят отечественные
  46. ^ India to acquire three Admiral Grigorovich-class frigates from Russia
  47. ^ Россия и Индия посотрудничают на несколько миллиардов долларов
  48. ^ Фрегаты проекта 11356 могут оснастить ракетами "БраМос"
  49. ^ India's Grigorovich class purchase price yet to be agreed with Russia
  50. ^ Источник: принято принципиальное решение по экспорту фрегатов проекта 11356