アドマイヤメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アドマイヤメイン
Admire Main 20070624P1.jpg
2007年6月24日 阪神競馬場
欧字表記 Admire Main[1]
香港表記 至愛[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2003年3月13日(14歳)
死没 (存命)
サンデーサイレンス
プロモーション
母の父 ヘクタープロテクター
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 近藤利一
調教師 橋田満栗東
競走成績
生涯成績 22戦4勝
21戦4勝(中央競馬
1戦0勝(日本国外)
獲得賞金 2億3616万円
テンプレートを表示

アドマイヤメイン: Admire Main: 至愛2003年 - )とは日本の元競走馬である。おもな勝ち鞍に2006年青葉賞 (GII) 、毎日杯 (GIII) 。

2003年当歳のセレクトセールにおいて1億3900万円で落札された。同世代でクラシック戦線を戦った馬主が同じアドマイヤムーンとは対照的に、逃げを得意とした。2009年より種牡馬となった。馬名の由来は冠名アドマイヤ+中心となる、の意である。

戦績[編集]

2005年[編集]

2005年9月18日の阪神競馬第5競走で、鞍上に武豊を迎え単勝1番人気でデビューするが、2馬身近く離され敗れる。続く京都での未勝利戦では単勝オッズ1.1倍という圧倒的1番人気に応え、2着に6馬身差をつけての勝利。しかし続く黄菊賞はグロリアスウィークの2着、エリカ賞サクラメガワンダーの3着、オープンクラスのホープフルステークスはニシノアンサーの4着と勝ち切れないレースが続き、デビューから5戦すべてで1番人気に推されてきたが1勝しかできないまま2005年を終える。

2006年[編集]

2006年初戦は初の重賞挑戦となったきさらぎ賞。以前敗れたグロリアスウィークやのちにニュージーランドトロフィーを制するマイネルスケルツィ皐月賞優勝馬となるメイショウサムソンなどが参戦するなか4番人気に推されたが、結果はドリームパスポートの5着に敗れる。しかし次走の500万下戦を1番人気に応えて9馬身差で逃げ切り勝ちし、2勝目を飾る。続く毎日杯では主戦騎手の武豊がドバイミーティングに出場するため、初めて鞍上が福永祐一に乗り替わる。しかしここでも逃げ切り1番人気に応え重賞初勝利を飾る。そしてふたたび鞍上に武豊を迎え、ダービートライアル青葉賞に出走、またも逃げを打ちレースレコードで勝利し、東京優駿(日本ダービー)への優先出走権を得た。本番では武豊がアドマイヤムーンに騎乗するため、初めて鞍上に柴田善臣を迎えた。そして逃げを打ったものの、最後の直線でメイショウサムソンに交わされ2着に敗れた。

秋初戦は武豊を鞍上に戻し菊花賞トライアルの神戸新聞杯 (GII) に出走。2番人気となり、メイショウサムソンとの直線勝負が期待されたが、不利が重なり7着に敗れた。そして菊花賞に挑戦。序盤からハイペースで飛ばし、一時は後続に10馬身以上の差をつける大逃げに出て勝利を狙ったものの、最後は力尽き3着に敗れた。当時の京都開催の高速馬場とアドマイヤメインが作ったペースによって、勝ちタイムは3分2秒7(勝ち馬、ソングオブウインド)と京都競馬場芝3000メートルでのレコードタイムとなった。

その後は香港ヴァーズに出走。Ouija Board(ウィジャボード)の出走取り消しにより1番人気に推される。レースは菊花賞とは異なり後続を引き付けての逃げとなったが、最後は力尽き8着に敗れた。続いての有馬記念では武豊がディープインパクトに騎乗するため柴田善臣に乗り替わりとなり、菊花賞以来の大逃げをレース前に宣言。しかし2周目第3コーナーで後続に捕まり、最後は9着に敗れた。

2007年[編集]

年明けからしばらくの間、疲労のため放牧に出されていたが、金鯱賞で復帰。毎日杯以来となる、福永祐一を鞍上に迎えてのレースとなった。レースでは2番手を進み、第4コーナーに入るが、まったく粘ることができず10着に敗れた。続いての宝塚記念ではレース前から逃げ宣言をするものの、レースではローエングリンに先手を取られ、2番手から進めたが、結果は17着に敗れた。レース後は放牧に出され、秋に帰厩した。12月のディセンバーステークスで復帰を果たしスタートがあまり良くなかったが、押して先頭に並びかけ、そのままヨイチサウスとともに後続に大きな差をつけて逃げる展開となる。直線ではヨイチサウスを離して先頭に立つものの、後続に捕まり4着に敗れた。

2008年[編集]

アメリカジョッキークラブカップから始動するがこのころから自らレースをやめてしまう癖が出て12着に、続く大阪杯では8着、天皇賞(春)では14着だった。秋初戦の朝日チャレンジカップでは自らレースをやめる癖がなくなる傾向にあり、6着と復調気配を見せ、続くアイルランドトロフィーでは5着だった。レース後の10月29日に、左前浅屈腱炎を発症していたと発表され、全治9か月以上の休養を要する見込みとなった。しかしその後、2009年2月5日付けで日本中央競馬会 (JRA) の競走馬登録を抹消され、現役を引退した。

種牡馬時代[編集]

2009年から北海道安平町社台スタリオンステーションにて種牡馬となったが、同年5月に日本での種付業務を終了し、翌6月に南アフリカ共和国に輸出された。現在は同国のサマーヒルスタッドに繋養されている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 9. 18 阪神 2歳新馬 13 1 1 2.9(1人) 2着 武豊 54 芝1600m(良) 1:36.7 (36.3) 0.3 トーヨースルーオ
10. 8 京都 2歳未勝利 10 7 8 1.1(1人) 1着 武豊 55 芝1600m(良) 1:35.3 (34.6) -1.0 (シゲルシテカブ)
11. 13 京都 黄菊賞 10 7 7 1.6(1人) 2着 武豊 55 芝1800m(良) 1:50.2 (34.1) 0.3 グロリアスウィーク
12. 10 阪神 エリカ賞 10 8 9 1.5(1人) 3着 武豊 55 芝2000m(良) 2:03.6 (35.4) 0.2 サクラメガワンダー
12. 25 中山 ホープフルS OP 7 3 3 2.6(1人) 4着 武豊 55 芝2000m(良) 2:03.9 (36.0) 0.3 ニシノアンサー
2006 2. 12 京都 きさらぎ賞 GIII 12 2 2 5.6(4人) 5着 武豊 56 芝1800m(良) 1:47.8 (35.0) 0.4 ドリームパスポート
3. 4 阪神 3歳500万下 9 8 10 1.6(1人) 1着 武豊 56 芝2000m(良) 2:00.9 (36.5) -1.5 (アペリティフ)
3. 25 阪神 毎日杯 GIII 15 7 12 2.3(1人) 1着 福永祐一 56 芝2000m(良) 2:00.5 (35.9) -0.2 (インテレット)
4. 29 東京 青葉賞 GII 17 3 6 2.4(1人) 1着 武豊 56 芝2400m(良) 2:25.3 (35.3) -0.7 (マイネルアラバンサ)
5. 28 東京 東京優駿 GI 18 3 6 6.4(4人) 2着 柴田善臣 57 芝2400m(稍) 2:28.0 (35.4) 0.1 メイショウサムソン
9. 24 中京 神戸新聞杯 GII 16 8 16 3.6(2人) 7着 武豊 56 芝2000m(良) 1:58.4 (35.5) 0.3 ドリームパスポート
10. 22 京都 菊花賞 GI 18 3 5 6.2(3人) 3着 武豊 57 芝3000m(良) 3:03.0 (35.9) 0.3 ソングオブウインド
12. 10 沙田 香港ヴァーズ[3] G1 9 3[4] 10 2.3(1人) 8着 武豊 55 芝2400m(良) 2:29.1( -[5] 2.0 Collier Hill
12. 24 中山 有馬記念 GI 14 6 10 35.4(7人) 9着 柴田善臣 55 芝2500m(良) 2:32.8 (36.3) 0.9 ディープインパクト
2007 5. 26 中京 金鯱賞 GII 12 8 11 4.2(2人) 10着 福永祐一 57 芝2000m(良) 1:58.3 (36.8) 1.1 ローゼンクロイツ
6. 24 阪神 宝塚記念 GI 18 5 10 58.2(12人) 17着 川田将雅 58 芝2200m(稍) 2:18.2 (42.4) 5.8 アドマイヤムーン
12. 15 中山 ディセンバーS OP 16 4 7 3.7(2人) 4着 川田将雅 57 芝1800m(良) 1:48.0 (37.8) 0.7 サイレントプライド
2008 1. 27 中山 AJCC JpnII 16 4 7 6.5(4人) 12着 田中勝春 57 芝2200m(良) 2:15.1 (37.6) 1.5 エアシェイディ
4. 6 阪神 大阪杯 GII 11 8 10 55.9(9人) 8着 川田将雅 57 芝2000m(良) 1:59.4 (34.9) 0.7 ダイワスカーレット
5. 4 京都 天皇賞(春) GI 14 4 6 43.4(11人) 14着 福永祐一 58 芝3200m(良) 3:19.0 (38.1) 3.9 アドマイヤジュピタ
9. 15 阪神 朝日CC GIII 13 6 9 13.9(5人) 6着 川田将雅 56 芝2000m(良) 1:59.2 (34.6) 0.7 ドリームジャーニー
10. 18 東京 アイルランドT OP 16 5 10 8.6(4人) 5着 川田将雅 57 芝2000m(良) 1:59.2 (33.8) 0.9 オペラブラーボ

血統表[編集]

アドマイヤメイン血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系)/アウトブリード (血統表の出典)
父系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
父の父
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason 1958 Turn-to
Nothirdchance
Cosmah 1953 Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding 1963 Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower 1964 Montparnasse
Edelweiss

プロモーション
1994
鹿毛 北海道早来町
*ヘクタープロテクター
Hector Protector 1988
栗毛 アメリカ
Woodman
1983
Mr. Prospector
*プレイメイト
Korveya
1982
Riverman
Konafa
母の母
*アサーション
Assertion 1987
鹿毛 イギリス
Assert
1979
Be My Guest
Irish Bird
Yes Please
1976
Mount Hagen
Thankfull F-No.1-o
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

注釈[編集]

  1. ^ ADMIRE MAIN (H622) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ 至愛 (H622) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ 出所 - 香港ヴァーズの成績表?香港ジョッキークラブ公式サイト
  4. ^ ゲートの番号(日本と異なり、ゲート番号と馬番号は異なる)
  5. ^ 公式記録なし

外部リンク[編集]