アドマイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドマイス
欧字表記 Admise
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1992年
Highest Honor
Admiration
母の父 Kashmir
生国 フランスの旗 フランス
馬主 Biszantz & Vandeweghe
調教師 ウォールター・グリーンマン(アメリカ)など
競走成績
生涯成績 19戦5勝
テンプレートを表示

アドマイス (Admise) とはフランス生産された競走馬である。引退後は繁殖牝馬として日本社台ファームで繋養されている。

経歴[編集]

競走馬としてはフランスとアメリカ合衆国で走り、1996年のオークツリーターフチャンピオンシップ(現・クレメント・L・ハーシュターフチャンピオンシップステークス)を制してG1馬となっている。ほかはフランスの準重賞競走を制したくらいで目立った勝ち鞍はなく、ダリアハンデキャップ (G3) で3着、イエローリボン招待ステークスで4着といった成績が挙げられる。

1998年より繁殖入りし、シアトリカルの仔を宿した状態で日本へ輸出され、社台ファームで繋養されている。

産駒はブラックカフェとマドモアゼルドパリが中央競馬で6勝しており、2頭がオープン馬となっている。2006年に出産したハシッテホシーノはタレントのほしのあきが名付け親となり[1]、のちに夫婦となるほしのと三浦皇成が出会うきっかけを作った[1]ことでも話題となっている。

繁殖成績[編集]

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
第1子 アドリアーナ 1999年 鹿毛 Theatrical 美浦中野隆良 社台レースホース 11戦0勝(引退・繁殖)
第2子 ブラックカフェ 2000年 青鹿毛 サンデーサイレンス 美浦・小島太 西川光一など 47戦6勝(地方競馬登録抹消)
第3子 マドモアゼルドパリ 2001年 芦毛 美浦・加藤征弘 吉田千津 16戦6勝(引退・繁殖)
第4子 アップルティー 2002年 芦毛 美浦・鈴木康弘 社台レースホース 10戦0勝(引退・繁殖)
第5子 ダイワバリオス 2004年 芦毛 アグネスタキオン 美浦・上原博之 大城敬三 1戦0勝(地方競馬登録抹消)
第6子 ハイエストホワイト 2005年 芦毛 栗東大久保龍志 吉田照哉 2戦1勝(引退・繁殖)
第7子 ハシッテホシーノ 2006年 鹿毛 美浦・手塚貴久 齊藤四方司 13戦3勝(引退・繁殖)
第8子 カピオラニパレス 2008年 芦毛 栗東・鶴留明雄 横瀬兼二 16戦1勝(現役)
第9子 アラバンサス 2010年 芦毛 美浦・久保田貴士 G1レーシング 0戦0勝(現役)

血統表[編集]

アドマイス血統ゼダーン系Nasrullah 5×5×4=12.50% (血統表の出典)

Highest Honor
1983 芦毛
父の父
Kenmare
1975 芦毛
Kalamoun *ゼダーン
Kharunissa
Belle of Ireland Milesian
Belle of the Ball
父の母
High River
1978 鹿毛
Riverman Never Bend
River Lady
Hairbrush Sir Gaylord
Bug Brush

Admiration
1978 鹿毛
Kashmir
1963 鹿毛
Tudor Melody Tudor Minstrel
Matelda
Queen of Speed Blue Train
Bishopscourt
母の母
Prue
1968 芦毛
Nasram Nasrullah
La Mirambule
Paracelle *ヴィミー
Palsaka F-No.5-e

血統背景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ハシッテホシーノ繁殖入り” (日本語). デイリースポーツ (2011年1月8日). 2012年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]