アトランティック・コンベアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Atlantic Conveyor .jpg
船歴
起工
進水
竣工 1970年
その後 1982年5月30日戦没
主要目
総トン数 14,946 トン
載貨重量トン数 18,146 トン
全長 212.04 m
28.04 m
深さ
吃水
主機 蒸気タービン
出力 35,000馬力
航海速力 23.0ノット
最高速力
乗員
コンテナ積載数 966 TEU

アトランティック・コンベアー(SS Atlantic Conveyor)は、ACLアトランティック・コンテナ・ライン)が運航していたROROコンテナ船。1982年のフォークランド紛争で徴用され戦没した。尚、同名で1985年に竣工した2代目が存在するが、本項では1970年竣工の初代について解説する。

概要[編集]

ACLが1969年~1970年に6隻建造したG2級の1隻で、1970年イギリスのスワン・ハンター社で竣工し、欧州~北米間の大西洋航路に就航した。 船尾ランプを用いたRORO荷役や車両搭載も可能なコンテナ船で、船主はキュナード・ラインである。 尚、G2級6隻のうち、キュナード・ライン所有でスワン・ハンター社建造船は本船と「アトランティック・コーズウェイ(Atlantic Causeway)」の2隻で、他の4隻は他船社の所有で建造所も異なっていた。 1982年に発生したフォークランド紛争で、本船はアトランティック・コーズウェイと共にイギリス海軍に徴用され、航空機等の輸送船となった。 同年5月25日、アルゼンチン海軍シュペルエタンダール攻撃機がイギリス空母「ハーミーズ」を狙って発射したエグゾセが本船に命中し爆発、乗員12名(商船員6名、海軍補助艦隊員3名、海兵隊員3名)が死亡した。 大破した船は30日に沈没した。運搬していた航空機のうち、ハリアーは被弾前に空母に移送済みで無事だったものの、チヌーク3機、ウェセックス6機等のヘリコプターが本船と共に失われた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]