アトガ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アトガ・ハーン(Atgah Khan, 生年不詳 - 1562年5月16日)は、北インドムガル帝国の政治家・武将。宰相でもある。シャムスッディーン・ムハンマド・ハーン(Shamsu'd-Din Muhammad Khan)の名でも知られる。

生涯[編集]

1540年ムガル帝国の皇帝フマーユーンカナウジの戦いシェール・シャーに敗れ、に乗ってガンジス川を渡って逃げる際、安全に着岸できるよう尽力した[1]。それ以降、彼はフマーユーンに近侍することを許され、その妻ジージー・アナガは皇子アクバルの乳母となった[2]

1556年、フマーユーンが死んでアクバルが皇帝になったが彼のもとでも重用され、乳母の夫ということで養父を意味する「アトガ」で呼び、息子ミールザー・アズィーズ・コーカは乳兄弟を意味する「コーカ」で呼ばれた[3]

1560年、宰相位を解任されたバイラム・ハーンは自分の部下バハードゥル・ハーンが宰相となったのを見て反乱を起こした[4]。だが、アクバルはアトガ・ハーンをその討伐に差し向け、彼はこれを制圧した[5]

さて、バイラム・ハーン失脚後、アクバルの乳母マーハム・アナガが政権を握ったが、フマーユーン以来の重臣であるアトガ・ハーンはマーハム・アナガ一派に対抗しうる存在あった[6]。そのため、アトガ・ハーンは政権から外され、皇帝に不満を訴えたこともあった[7]

だが、1561年11月にアクバルはマーハム・アナガ子飼いのバハードゥル・ハーンに代えて、アトガ・ハーンを宰相に任命した[8][9]。アトガ・ハーンと同様にフマーユーン以来の重臣だったムヌイム・ハーンは内心彼が宰相であることに不満を持っており、マーハム・アナガの息子アドハム・ハーンにその暗殺を唆した[10]。調子に乗りやすかったアドハム・ハーンはムヌイム・ハーンに唆され、彼自身もアトガ・ハーンが宰相であることが気にくわなかったため、その暗殺を計画した[11][12]

アトガ・ハーン廟(チャウサト・カンバー

1562年5月16日、アドハム・ハーンは大勢の部下を連れ、アーグラ城の公謁殿でムヌイム・ハーンと会合をしていたアトガ・ハーンを短剣で刺し殺してしまった[13][14][15]。養父の死を知ったアクバルの怒りは尋常ではなかった。アドハム・ハーンはアクバルによって顔面を殴られたのちすぐさま処刑され、マーハム・アナガの政権も終わりを告げた[16]

脚注[編集]

  1. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  3. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.78
  4. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  6. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  7. ^ 石井『ユーラシア文化叢書<2> ムガル帝国』、pp.44-45
  8. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.189
  9. ^ 石井『ユーラシア文化叢書<2> ムガル帝国』、p.47
  10. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  11. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.84
  12. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  13. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.152
  14. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.189
  15. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.84
  16. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、pp.152-153

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 
  • アンドレ・クロー; 杉村裕史訳 『ムガル帝国の興亡』 法政大学出版局、2001年 
  • 石田保明 『ユーラシア文化叢書<2> ムガル帝国』 吉川弘文館、1965年 

関連項目[編集]