アディスアベバ・ジブチ鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アディスアベバ・ジブチ鉄道
オロル(英語版)橋を渡る列車
オロル英語版橋を渡る列車
基本情報
エチオピアの旗エチオピアジブチの旗ジブチ
起点 セベタ英語版
終点 ジブチ港英語版
開業 2016年10月5日(暫定開業:エチオピア)
2017年1月10日(暫定開業:ジブチ)
2018年1月1日(正式開業)
路線諸元
路線距離 759km
軌間 1,435mm
複線区間 113km
電化方式 交流 25,000V、単相50Hz
高低差 2,500m
最高速度 120km/h
路線図
Addis Ababa-Djibouti Railway.svg
テンプレートを表示

アディスアベバ・ジブチ鉄道中国語: 亚吉铁路)は、エチオピア連邦民主共和国セベタ英語版から首都・アディスアベバを経由し、ジブチ共和国の首都・ジブチ市を結ぶ標準軌(1,435mm)の国際電化鉄道。中国の支援により建設が行われ、2016年10月5日から暫定的な営業運転を開始した[1]

歴史[編集]

開業まで[編集]

エチオピアとジブチの間には、フランスの出資により1901年に開通、1917年に全通した狭軌(1,000mm)の国際鉄道であるジブチ・エチオピア鉄道フランス語: Chemin de Fer Djibouto-Éthiopien)が存在するが、第二次世界大戦以降は道路輸送の発達に加えてオガデン戦争を始めとする国内情勢[2]、更に長年のメンテナンス不足により衰退が進行し、2008年にはアディスアベバ-ディレ・ダワ間が廃止されるまでに至った[3]。その事態を受け、エチオピア政府とジブチ政府は欧州連合からの支援による残された路線(ディレ・ダワ-ジブチ市間)の更新計画を打ち出し世界各国の企業と交渉を行うも、2009年の時点で僅か5kmしか更新工事が行われない状態であった[4]

そんな中、エチオピアを一帯一路計画のモデル国家として位置づけ投資を強めている中国[5]の国営企業である中国中鉄中国鉄建は、2011年にエチオピア政府との間で新たに標準軌(1,435mm)の電化鉄道を建設する契約を交わした[6]。エチオピア政府側も与党であるエチオピア人民革命民主戦線の連立政権による主導の元で交通網などを整備し2025年までに中所得国になる計画(GTP, Growth and Transformation Plan)を掲げており、その一環として輸送力増強のための鉄道建設は急務であった[3]

中国中鉄および中国鉄建の子会社である中国土木工程集団有限公司の二社による主導により2012年4月から計画が始まり、設計や資材、駅舎、車両など全ての要素は中国国鉄と同じ規格を採用した他、接客についても中国国鉄を基にした指導が行われた[7]。建設費用である40億米ドルについては70%を中国の輸出入銀行が賄った[8]。総延長759kmの線路の建設は2014年5月から2015年6月の間に行われたが、同年から2016年にかけてエルニーニョの影響でエチオピア国内で大規模な旱魃(干ばつ)が起きた際にはこの開業前の線路を利用してディーゼル機関車牽引の貨物列車を走らせ、9万tの食料を輸送した[9][10]

そして2016年10月5日にまずエチオピア側の路線を用いた暫定的な営業運転が始まり[9]、翌2017年1月からはジブチ側の路線でも同様の運転が開始された。全区間を用いた本格的な旅客・貨物列車の営業運転開始は2018年1月1日からである[11]

今後の予定[編集]

2017年の全区間暫定開業以降、中国中鉄と中国土木工程集団有限公司は共同で2023年までの6年間エチオピア・ジブチ鉄道の運営権を所得し、その後現地企業に運営権が移行して以降も2025年まで技術支援を続ける「6+2」形式と呼ばれる運営形式を採用している[12]。その受け皿となるエチオピア・ジプチ両政府が出資するエチオピア・ジプチ標準軌鉄道輸送S.C.(Ethio-Djibouti Standard Gauge Rail Transport S.C )は2017年に設立されている[13]

路線[編集]

経路は旧来のジブチ・エチオピア鉄道に並行しているが多くの区間は高速運転が可能な設計になっており、駅舎についても都市の郊外に作られた[14]。全区間の高低差は2,500mにも及び、アワッシュ川を跨ぐ全長135mの橋梁を含め、全路線の3%が橋梁、もしくは高架線で建設されている一方トンネルは存在しない[15][9]。またエチオピア国内のセベタ英語版-アダマ間の113kmは複線区間となっている[16]

営業最高速度は旅客列車が120km/h、貨物列車が80km/hである[16]

車両[編集]

開業時に導入された車両は電気機関車35両、ディーゼル機関車6両、客車30両、貨車1,100両である[13]

電気機関車[編集]

株洲電力機車が中国国鉄向けに製造する和諧1C(HXD1C)型電気機関車を基にした車両が導入され、重連運転を行う貨物用にはERF型、単機で客車を牽引する旅客用にはERP型の形式名が付けられている。そのうちERP型は車内に600V独立電源を搭載し、ソケットを介して連結する客車に電力を供給する事が出来る[17][16]

ディーゼル機関車[編集]

大連機車車輛が中国国鉄向けに製造する、入換・小運転用の東風10DD(DF10DD)型ディーゼル機関車中国語版が導入される[16]

客車[編集]

長春軌道客車が製造した、中国国鉄でも運用されている25G型客車中国語版と同型客車が運用に就いている。全30両のうち20両が硬座車(座席車)、4両が硬臥車(寝台車)、4両が軟臥車(優等寝台車)、2両が餐車(食堂車)で、最高速度は120km/hである[18]

貨車[編集]

有蓋車無蓋車冷蔵車タンク車ホッパ車、二段積みの車運車コンテナ輸送用長物車などが導入されている[16]

課題[編集]

2016年の暫定開業の時点で、インフラ整備や保守について十分な検討がされておらず、延長計画に関する中国の融資も滞っている事からアディスアベバ・ジブチ鉄道の持続可能性は低いと言う懸念が中国国内で存在していた[5]。営業開始後も電力不足により利用率が計画よりも低く、エチオピア側による建設費用の40億米ドルの返済期限を延長する措置が取られる事態となっており、中国側も国有企業の中国輸出信用保険公司中国語版に10億米ドルの損失が発生している[19][20]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 这不是中国 这是在非洲!2016年10月5日作成 2019年2月6日閲覧
  2. ^ “Ethiopia”. Middle East Economic Digest 22: 11. (1978). "The railway line was cut frequently during the Ogaden war, but has been operating at 50 per cent capacity since July." 
  3. ^ a b China's Latest Ethiopian Railway Project Shows Their Growing Global Influence2013年5月10日作成 2019年2月6日閲覧
  4. ^ The-paradox-of-the-Djibouti-Ethiopia-railway-concession-failure - ウェイバックマシン(2016年3月4日アーカイブ分)
  5. ^ a b 焦点:「一帯一路」鉄道計画がエチオピアで頓挫、中国融資減速ロイター2018年9月3日作成 2019年2月6日閲覧
  6. ^ Feature: Chinese-built railway helps propel Ethiopia's industrialization drive - ウェイバックマシン(2016年10月3日アーカイブ分)
  7. ^ companies nab Djibouti railway project Chinese companies nab Djibouti railway project - ウェイバックマシン(2017年12月24日アーカイブ分)
  8. ^ 海外中國標準電氣鐵路鋪軌 - ウェイバックマシン(2014年5月13日アーカイブ分)
  9. ^ a b c 亚吉铁路带动非洲屋脊发展 - ウェイバックマシン(2018年6月12日アーカイブ分)
  10. ^ エチオピア:ここ30年で最悪の干ばつに見舞われる、FAOは5000万ドルの緊急対策を表明 2019年2月6日閲覧
  11. ^ Chinese-built Ethiopia-Djibouti railway begins commercial operations2018年1月1日作成 2019年2月6日閲覧
  12. ^ 亚吉铁路5日开通 埃塞人以端中国“铁饭碗”为荣2016年10月24日作成 2019年2月6日閲覧
  13. ^ a b Ethiopia: Ethio-Djibouti Standard Gauge Rail in Final Preparation Phase2017年12月20日作成 2019年2月6日閲覧
  14. ^ Ethiopia has a lot riding on its new, Chinese-built railroad to the sea2016年10月3日作成 2019年2月6日閲覧
  15. ^ STANDARD GAUGE RAILWAY (SGR) PROJECT 2019年2月6日閲覧
  16. ^ a b c d e Ethiopia-Djibouti Railway Operation and Maintenance Handbook.docx 2019年2月6日閲覧
  17. ^ ERP型电力机车(出口埃塞俄比亚)2019年2月6日閲覧
  18. ^ 长客股份公司铁路客车首次出口非洲2013年11月20日作成 2019年2月6日閲覧
  19. ^ 中資參與「帶路」 規劃力不足2018年10月16日作成 2019年2月6日閲覧
  20. ^ China plans to sell off its African infrastructure debt to investors2018年11月5日作成 2019年2月6日閲覧