アテローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アテローム
Carotid Plaque.jpg
頚動脈内膜剥離術で採取されたアテローム斑の標本。内外の頚動脈へ分岐が認められる。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
循環器学
ICD-10 I70.9
ICD-9-CM 440
DiseasesDB 1039

病理学においてアテローム:Atheroma、複数形:Atheromata)とは、脂質コレステロール中性脂肪)、カルシウムや様々な線維結合組織を含んだ細胞(ほとんどマクロファージ)や細胞の死骸から構成された動脈血管内での蓄積物であり固まりである。心臓動脈で問題になるアテロームは、通常、粥腫(en:atheromatous plaques)である。アテロームは、不健康な状態であるが、ほとんどの人で見つかっている[1]

参考[編集]

  1. ^ Aldons J. Lusis (2000年9月14日). “Atherosclerosis”. Nature 407 (6801): 233–241. doi:10.1038/35025203. PMC 2826222. PMID 11001066. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2826222/. 
  • Glagov S, Weisenberg E, Zarins CK, Stankunavicius R, Kolettis GJ (1987年5月). “Compensatory enlargement of human atherosclerotic coronary arteries”. N Engl J Med. 316 (22): 1371–5. PMID 3574413. 

関連項目[編集]