アテフ・ハリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アテフ・ハリム(Atef Halim、1950年10月6日 - )はフランス国籍の日本のヴァイオリニストエジプトカイロ出身。エジプト人の父親とフランス人の母親を持つ。

2歳の時に父親に音楽の才能を見出され、5歳からヴァイオリンを始める。5歳の時にはヴァイオリニストになることを決め、9歳の誕生日にカイロのオペラハウスでデビューを果たす。放送局の記録では9歳でツィゴイネルワイゼンなどの著名な技巧曲をほぼ弾きこなし、毎週のレギュラー出演を果たしている。14歳で単身パリに渡り、ルネ・ベネデティに師事する傍ら、ソルボンヌ大学哲学美術を学ぶ。パリ音楽院卒業後は、レオニード・コーガンヤッシャ・ハイフェッツユーディ・メニューインにも師事する。その後、フランス国立管弦楽団コンサートマスターを勤める傍ら、ヘンリク・シェリングの下でさらなる研鑚を積む。ソリストとしては、カール・ベームレナード・バーンスタインクルト・マズアロリン・マゼールなどの著名な指揮者と共演した。

親日家で1991年の研究のために初来日したのをきっかけに、1993年からは生活と音楽活動の拠点を日本に移している。CD制作の傍ら、日本各地で定期的にリサイタルやチャリティ・コンサートを行なっている。

レパートリーは、古今の大作から小品までと幅広い。中でもドイツ音楽、とりわけ、ベートーヴェンモーツァルトブラームスヴァイオリン・ソナタを得意とする。来日後はクラシック音楽以外にもレパートリーを広げ、加藤登紀子タンゴ・アルバムや石川さゆりのオリジナル・アルバムにもゲスト・ミュージシャンとして参加した。また、カイロ管弦楽団とも共演を果たしている。


外部リンク[編集]