アテネ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アテネ地震
アテネ地震の位置(ギリシャ内)
アテネ地震
アテネ
アテネ
本震
座標 北緯38度04分 東経23度31分 / 北緯38.06度 東経23.51度 / 38.06; 23.51座標: 北緯38度04分 東経23度31分 / 北緯38.06度 東経23.51度 / 38.06; 23.51
震源の深さ 10 km
規模    Mw6.0
最大震度    メルカリ震度階級 [1]IX
津波 なし
地震の種類 正断層型 [2]
被害
死傷者数 143人死亡、800人から1,600人が負傷[1][3]
50,000人が住居を失う[2]
被害総額 3 - 4.2 億ドル [1][3]
出典:特に注記がない場合は特に注記無き場合、国際地震センター[4]による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

アテネ地震(アテネじしん)は、1999年9月7日14時56分51秒(現地時間)にギリシャのパルニサ山付近を震源として発生したマグニチュード6.0の地震である。

概要[編集]

1999年9月7日14時56分(日本時間の20時56分)、ギリシャでM5.9の地震が発生した[5][6]震源の深さは5 km - 10 kmほど[6]。震源は首都アテネに近く、北西に10 kmほどしか離れていなかった[5]

ギリシャやイタリアなど、ヨーロッパの南部は、日本と同様にプレートが衝突し合う地域であるため、地震が発生しやすい特徴がある[7][8][9]

また、この地震の約1ヶ月前には、トルコで、イズミット地震 (1999年) (M7.4) が発生している。

被害[編集]

地震の揺れによって、アテネを中心に著しい被害が出た。主な被害は以下の通り。

人的被害[編集]

この地震で、136人が死亡し、4人が行方不明となった[5]。さらに、負傷者は1,600人であった。

物的被害[編集]

地震によって倒壊した建物の数は8000棟近くにものぼり、工場や学校なども被害を受けている[6]

出典[編集]

関連項目[編集]