アッ=シャマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アッ=シャマール
Aš-Šamāl الشمال
—  基礎自治体  —
ズバーラ英語版
アッ=シャマールの位置
座標: 北緯26度08分 東経51度13分 / 北緯26.14度 東経51.22度 / 26.14; 51.22
カタールの旗 カタール
中心都市 アッ=シャマール (市)英語版
面積
 - 計 902km2 (348.3mi2)
人口 (2015)
 - 計 7,975人
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+03)
ISO 3166コード QA-MS

アッ=シャマールアラビア語: الشمالAš-Šamāl英語: Al-Shamal[1])はカタールの基礎自治体。 中心都市はアッ=シャマール (市)英語版で、カタールを代表する都市の1つである。 [2] 「北の都市」を意味するが、人口は約8000人に過ぎない。 2022 FIFAワールドカップの12の会場の1つであるアッ=シャマール競技場英語版の建設が予定されている。 カタール半島最北端のラアス・ラーカーン英語版は南以外をペルシア湾に囲まれている。 南にアル=ハウルと接している。 3つの区に分かれる。

概要[編集]

アッ=シャマールは1972年7月17日の第19法案によって設置された。 [3] 人口は約8000人で、国内最小の基礎自治体である。 国の最北端を占め、温暖な気候とバーレーンへの近さが歴史的に重要である。 漁業と真珠産業が盛んである。 西部に位置するズバーラ英語版町はかつてはカタール最大の集落だった。 石油発見以前は、人口の殆どが首都ドーハに移住していた。 [4]

組織構造[編集]

アッ=シャマールには以下の4つの部局が設置されている。

  • 行政・財政局
  • 保健局
  • 公務局
  • 技術局

スポーツ[編集]

アッ=シャマールSC競技場

アッ=シャマールSC英語版カタール・リーグで試合をするサッカーチームである。 アッ=シャマール市のアッ=シャマールSC競技場が本拠地である。 4万5120人を収容する多目的のアッ=シャマール競技場が2022年ワールドカップに向けて建設中である。 [4]

開発計画[編集]

アシュガール英語版(公共事業局)が北部でアッ・ルアイス英語版港を建設している。 [5]

観光[編集]

アッ=シャマールの公園

カタール観光局(QTA)が歴史的村落、考古学史跡、自然資源を観光地にしようとしている。 アッ=シャマールは国内最多の降水量を有する為、観光局は環境保全を優先している。 ラス・ラカンやウンム・タイス国立公園英語版エコツーリズムの為の自然保護区として発展して来た。 [4]

観光地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式表記。例えば、Dead Whale Lifted from Al-Arish Beach of Al-Shamal Municipality (英語) - 2015年4月30日
  2. ^ [1]
  3. ^ Al Shamal Municipality”. Ministry of Municipality and Urban Planning. 2015年6月28日閲覧。
  4. ^ a b c Al Shamal Regaining past glory”. The Peninsula Qatar (2013年1月6日). 2015年7月24日閲覧。
  5. ^ [2]
  6. ^ Umm Al Maa”. Qatar Museums Authority. 2015年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキボヤージュには、Madinat ash Shamalに関する旅行情報があります。