アッ=サーディー・アル=カッザーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アッ=サーディー・アル=カッザーフィー Football pictogram.svg
名前
本名 アッ=サーアディー・ムアンマル・ムハンマド・アブー・ミンヤール・アル=カッザーフィー
الساعدي معمر محمد أبو منيار القذافي
ラテン文字 Al-Saadi al-Gadhafi
アラビア語 الساعدي القذافي
基本情報
国籍  リビア
生年月日 (1973-05-28) 1973年5月28日(44歳)
出身地 トリポリ
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
2000-2006 リビアの旗 リビア 18(2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
アッ=サーアディー・アル=カッザーフィー
الساعدي القذافي
生誕 1973年5月28日5月27日説あり[1]
リビアの旗 リビアトリポリ
所属組織 リビア軍
テンプレートを表示

アッ=サーディー・アル=カッザーフィーアラビア語: الساعدي القذافي‎; as-sā‛adī al-qaddhāfī, Al-Saadi al-Gadhafi、1973年5月28日5月27日説あり[1]) - )は、リビア出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW

父親は、リビアの実質的な元首であったカダフィ大佐

2011年のリビアにおける内戦でカダフィ政権が崩壊するまでは、リビアの特殊部隊司令官であった[1]。内戦で反カダフィ勢力が首都トリポリへの攻撃を行う中、8月22日までに反政府勢力によって兄(カダフィの二男)サイフ・アル=イスラーム・ムアンマル・アル=カッザーフィー英語版と共に身柄を拘束されたと発表された[2]が、サイフがその日の夜に報道陣の前に姿を表すなど拘束の情報は誤っていた[3]。サイフは抵抗の意思を示したものの、サーディーは流血の惨劇を防ぐため、反カダフィ派に投降する意志を表明していた[4][5]

同年9月11日に隣国ニジェールに逃亡[6]。11月11日には同国大統領マハマドゥ・イスフが亡命を受け入れると発表した[7]

エピソード[編集]

イタリア移籍1年目の2003年にはイタリアサッカー界で期待外れであった選手に送られる賞「ビドーネ・ドーロ」の投票にて次点となった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 オープン杯 期間通算
2003-04 ペルージャ セリエA 1 0
2004-05 ペルージャ セリエB 0 0
2005-06 ウディネーゼ セリエA 1 0
2006-07 サンプドリア セリエA 0 0
通算 イタリア セリエA 2 0
イタリア セリエB 0 0
総通算 2 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2011年(平成23年)3月8日外務省告示第74号「国際連合安全保障理事会決議第千九百七十号(リビアに対する制裁に関する決議)に関する件」
  2. ^ “リビア反体制派「カダフィ大佐の息子2人を拘束」”. CNN.co.jp (CNN). (2011年8月22日). http://www.cnn.co.jp/world/30003750.html 2011年8月22日閲覧。 
  3. ^ “カダフィ大佐の次男拘束、正式な確認はなかった=ICC”. ロイター (ロイター). (2011年8月23日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-22830220110823 2011年8月23日閲覧。 
  4. ^ “カダフィ大佐次男「抵抗続ける」と音声メッセージ、三男は投降の意思示す”. AFPBB News (フランス通信社). (2011年9月1日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2823551/7700902 2011年9月3日閲覧。 
  5. ^ “リビア反体制派の略奪行為、部族抗争につながる可能性も”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年9月1日). http://jp.wsj.com/World/Europe/node_298929 2011年9月3日閲覧。 
  6. ^ “反カダフィ派とカダフィ軍の戦闘続く、大佐三男はニジェール入り リビア”. AFPBB News (フランス通信社). (2011年9月12日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2826276/7754269 2011年11月12日閲覧。 
  7. ^ “カダフィ氏三男受け入れ、ニジェール大統領表明”. 読売新聞. (2011年11月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111112-OYT1T00659.htm?from=main4 2011年11月12日閲覧。 [リンク切れ]