アッピウス・クラウディウス・プルケル (紀元前185年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アッピウス・クラウディウス・プルケルラテン語: Appius Claudius Pulcher紀元前2世紀、生没年不詳)は、共和政ローマ元老院議員。父は同名のアッピウス・クラウディウス・プルケル、兄弟にはプブリウス・クラウディウス・プルケルがいる。

197年から3年間。ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス配下のトリブヌス・ミリトゥムとしてアンティゴノス朝(マケドニア王国)のフィリッポス5世と戦う。紀元前191年にはセレウコス朝アンティオコス3世と対戦、続いて執政官マニウス・アキリウス・グラブリオの指揮下でアエトリアに遠征した。そして紀元前187年プラエトルとしてタレントゥム(現ターラント)の総督となる。

紀元前185年執政官としてリグリアに出征、そして議会に強行介入して紀元前184年に兄弟のプブリウスをコンスルにさせ、自らはマケドニアとギリシアへ赴き、動向を探った。紀元前176年にはマケドニア王ペルセウスに対抗するために外交のためアエトリアに赴いている。

家族[編集]