アッシュール (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッシュールアシュルAshurヘブライ語אַשּׁוּר、アシュア)は、ノアの息子であるセムの次男である。

兄弟に、エラムアラムアルパクシャドルドがいる。創世記10章11-12節で、アッシュールまたはニムロドニネヴェなどのアッシリア都市を造ったと言及されている。ノアの洪水以後の諸民族は、彼らから分岐したという(創10:32)。

なお、歴代誌2章24節に登場するテコアの父アッシュール(Ashur father of Tekoa)、 ユダの子孫、ヘズロンとアバイアの息子、ヘラとナアラーの夫などは別人である。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「アッシュール (聖書)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。