アッシュル・ニラリ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッシュル・ニラリ2世
アッシリア王
在位 前1414年-前1408年

子女 アッシュル・ベル・ニシェシュ
父親 エンリル・ナツィル2世
テンプレートを表示

アッシュル・ニラリ2世Aššur-nērārī IImaš-šur-ERIM.GABA (=DÁḪ)、「アッシュル神は我が助け」[1])はアッシリアの王。『アッシリア王名表』では第68代の王とされており、在位期間の絶対編年は前1424年頃-前1418年頃、または前1414年頃-前1408年頃という推定があるが、これは古アッシリア時代末期の不確かな編年に依存している。当時の小都市国家アッシュルミッタニ(ミタンニ)の従属国であり、未だその王サウシュタタル英語版による略奪からの回復の途上にあった。

来歴[編集]

彼はアッシリアの前王エンリル・ナツィル2世の息子である。『コルサバド王名表』[i 1](『アッシリア王名表』のバージョンの1つ)によれば彼の治世は7年間である。『アッシリア王名表』の別のバージョンである『SDAS王名表』と『アッシュル王名表』の対応する列の箇所は破損している[2]。アッシュルで発見されたある法律文書[i 2]は「リンム、最高裁判官(upreme judge)アッシュル・ニラリの息子、ベル・ナディン・アヘ(Ber-nādin-aḫḫe)」の日付を帯びており、別の文書[i 3]は証人として「最高裁判官ベル・ナディン・アヘの息子たるイバシ・イル(Ibaši-ilu)の息子、シャマシュ・キディンヌ(Šamaš-kidinnu)」が登場している。この称号と系譜はベル・ナディン・アヘがアッシュル・ニラリ2世の(証明されてはいないが)後継者である可能性を示している。

アッシュル・ニラリ2世の地位は息子のアッシュル・ベル・ニシェシュによって継承された。

記録[編集]

  1. ^ Khorsabad Kinglist, tablet IM 60017 (excavation nos.: DS 828, DS 32-54), iii 3.
  2. ^ KAJ 8.
  3. ^ KAJ 8.

脚注[編集]

  1. ^ A. Fuchs, K. Radner (1998). “Aššur-nērārī II”. In K. Radner. The Prosopography of the Neo-Assyrian Empire, Volume 1, Part I: A. The Neo-Assyrian Text Corpus Project. p. 208 
  2. ^ I. J.Gelb (1954). “Two Assyrian King Lists”. Journal of Near Eastern Studies XIII (4): 217. doi:10.1086/371224. 
先代:
エンリル・ナツィル2世
アッシリア王
前1414年-前1408年
次代:
アッシュル・ベル・ニシェシュ