アッカデミア・カッラーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg アッカデミア・カッラーラ
Bergamo accademia carrara esterno.jpg
アッカデミア・カッラーラの正面風景
アッカデミア・カッラーラの位置(ベルガモ内)
アッカデミア・カッラーラ
アッカデミア・カッラーラの位置
アッカデミア・カッラーラの位置(ロンバルディア州内)
アッカデミア・カッラーラ
アッカデミア・カッラーラ (ロンバルディア州)
アッカデミア・カッラーラの位置(イタリア内)
アッカデミア・カッラーラ
アッカデミア・カッラーラ (イタリア)
施設情報
正式名称 Accademia Carrara
所在地 Piazza Giacomo Carrara 24121 Bergamo
位置 北緯45度42分15秒 東経9度40分33秒 / 北緯45.70417度 東経9.67583度 / 45.70417; 9.67583座標: 北緯45度42分15秒 東経9度40分33秒 / 北緯45.70417度 東経9.67583度 / 45.70417; 9.67583
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

アッカデミア・カッラーラ: Accademia Carrara)またはカッラーラ美術館(カッラーラびじゅつかん)は、イタリアベルガモにある美術館・美術学校である。

美術館[編集]

この美術館は、芸術活動のパトロンで美術品収集家でもあったジャコモ・カッラーラ伯爵イタリア語版(Count Giacomo Carrara)が18世紀の終わりに、膨大な美術コレクションをベルガモ市に対する遺産としたことに始まる。伯爵が1796年に死去した後、彼の遺産である美術品および美術館の管理は任命された代理人によって長年行われてきたが、1958年以降はベルガモのコムーネが直接監督している。美術品を展示するための建物は、建築家レオポルド・ポラック英語版(Leopoldo Pollack)の弟子、シモーネ・エリア(Simone Elia)に設計がゆだねられ、現在見るような新古典主義様式の建物が1810年に竣工した。

美術館は寄付と購入によりコレクションを増加させ続けている。2006年現在で、14世紀から19世紀までの1,800枚の絵画を所有し、アントニオ・ピサーノ(ピサネッロ)、サンドロ・ボッティチェッリジョヴァンニ・ベリーニアンドレア・マンテーニャラファエロジョヴァンニ・バッティスタ・モローニ英語版エヴァリスト・バスケニス英語版フラ・ガルガーリオ英語版ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ、ジョヴァンニ・アントニオ・カナル(カナレット)、ジョヴァンニ・カルノヴァリ (ピッキオ) ら、数多くの画家の作品を展示している。また絵画のほかにも、多くのドローイング(素描)、版画、ブロンズ像、彫刻陶磁器家具、メダルなども所蔵している。

学校[編集]

1793年、ジャコモ・カッラーラ伯爵が最初に自らのギャラリーを一般公開したのと同じ頃、彼はドローイングと絵画の課程のある学校も美術館と同じ場所に設置するべきだと考えた。こうして設立された美術学校は1912年まで美術館と同じ建物にあったが、現在は近くに独立した建物を構えている。1988年以降、美術学校は公認の「アッカデミア・ディ・ベッレ・アルティ」(Accademia di Belle Arti、美術アカデミー)に昇格した。

近現代美術ギャラリー・GAMEC[編集]

1991年、「近代及び現代美術ギャラリー」(Galleria d’Arte Moderna e Contemporanea、略称GAMEC、ベルガモ近現代美術館とも)が併設された。GAMECは、美術館の新古典主義の壮麗な建物の裏手にある、かつてのDimesse e Servite女子修道院の建物を改修して入居しており、3階建ての建物の中に10室の展示室を設けている。1999年6月よりジャンフランコ・スパヤーニとルイージャ・スパヤーニの購入したコレクション(Raccolta Gianfranco e Luigia Spajani)が寄贈され、20世紀のイタリア及び世界の近代美術現代美術作品が充実した。この中には、ウンベルト・ボッチョーニジャコモ・バッラジョルジョ・モランディマッシモ・カンピーリ英語版フェリーチェ・カゾラーティ[要曖昧さ回避]アルベルト・サヴィニオジョルジョ・デ・キリコワシリー・カンディンスキーグレアム・サザーランド英語版ジャコモ・マンズーらが含まれている。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]