アダム・ロサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アダム・ロサレス
Adam Rosales
フィラデルフィア・フィリーズ (マイナー)
Adam Rosales on July 1, 2014.jpg
テキサス・レンジャーズ時代
(2014年7月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州クック郡パークリッジ英語版
生年月日 (1983-05-20) 1983年5月20日(35歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2005年 MLBドラフト12巡目(全体362位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2008年8月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アダム・M・ロサレスAdam M. Rosales, 1983年5月20日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州クック郡パークリッジ英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。愛称はロジー[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

メキシコ系アメリカ人の家系に生まれ、メイン・サウス高等学校英語版ウェスタン・ミシガン大学英語版と進学した。

プロ入りとレッズ時代[編集]

レッズ時代(2009年)

2005年MLBドラフト12巡目(全体362位)でシンシナティ・レッズから指名され、6月9日に契約した[2]

2008年8月9日ヒューストン・アストロズ戦で代打としてメジャー初出場。その後も負傷したジェリー・ヘアストン・ジュニアの代役として試合に出場した。

2009年シーズンは傘下のAAA級ルイビル・バッツで開幕を迎えたが、4月28日故障者リスト入りしたエドウィン・エンカーナシオンに代わって昇格した[2]

アスレチックス時代[編集]

アスレチックス時代(2011年6月6日)

2010年2月1日ウィリー・タベラスと共にアーロン・マイルズとのトレードで、オークランド・アスレチックスに移籍した[2]

2013年7月31日DFAとなった[2]

レンジャーズ時代[編集]

2013年8月2日ウェイバー公示を経てテキサス・レンジャーズへ移籍したが、8月5日にDFAとなった[2]8月8日にウェイバー公示を経てアスレチックスに復帰するが、10日に再びDFAとなり、ネルソン・クルーズが禁止薬物使用で50試合出場停止となった影響で、12日にウェイバー公示を経てレンジャーズが再びロサレスを獲得した[3]。そのため、わずか10日間で3度もDFAを受ける形となった。

2014年3月30日にDFAとなり、4月2日に傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ降格した[2]。降格後はAAA級ラウンドロックで72試合に出場し、6月30日に再びレンジャーズとメジャー契約を結んだ[4]。この年は56試合に出場し、打率.262・4本塁打・19打点・4盗塁だった。オフの12月2日ノンテンダーFAとなった[5]

2015年1月5日にレンジャーズと90万ドルの1年契約で再契約した[6][7]5月9日タンパベイ・レイズ戦では、二塁走者だったアズドルバル・カブレラが二塁への牽制に対してスライディングしセーフとなったが、この際に二塁手だったロサレスが膝で塁を塞いでいたため、これに激高しカブレラに胸を両手で押された。これに両軍総出の一触即発の場面となったが事態が収まった後に、ベース上でロサレスがカブレラに謝罪し事なきを得た[8]8月19日にDFAとなり[9]、23日に自由契約となった[2]

パドレス時代[編集]

2016年1月1日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。4月3日にメジャー契約を結び、開幕をメジャーで迎えた。オフにFAとなった[2]

アスレチックス復帰[編集]

2017年1月25日にアスレチックスと1年契約を結んだ[10]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2017年7月31日、マイナーリーグ所属選手1名との交換トレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍した[11]。オフの11月2日にフリーエージェント(FA)となった[12]

フィリーズ傘下時代[編集]

2018年2月1日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[2]

プレースタイル[編集]

捕手を除く内野の4ポジションと左翼も守ったことがある様に典型的なユーティリティプレイヤー。2015年6月26日トロント・ブルージェイズ戦、同年7月28日ニューヨーク・ヤンキース戦では投手としても出場した[13]

本塁打を打った後に全力疾走に近いスピードで塁を一周して帰って来るのも特徴的[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 CIN 18 30 29 0 6 1 0 0 7 2 1 0 0 0 1 0 0 4 0 .207 .233 .241 .475
2009 87 266 230 23 49 10 1 4 73 19 1 2 2 3 26 0 5 46 2 .213 .303 .317 .620
2010 OAK 80 279 255 31 69 8 2 7 102 31 2 2 2 2 19 0 1 65 1 .271 .321 .400 .721
2011 24 68 61 5 6 0 0 2 12 8 0 0 0 2 4 0 1 13 4 .098 .162 .197 .358
2012 42 111 99 12 22 5 0 2 33 8 0 0 0 1 11 1 0 24 4 .222 .297 .333 .631
2013 51 154 136 11 26 5 0 4 43 8 0 0 4 0 10 1 4 31 4 .191 .267 .316 .583
TEX 17 12 11 4 2 0 0 1 5 4 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .182 .167 .455 .621
'13計 68 166 147 15 28 5 0 5 48 12 0 0 4 1 10 1 4 34 4 .190 .259 .327 .586
2014 56 181 164 20 43 7 0 4 62 19 4 2 0 0 13 0 3 42 5 .262 .328 .378 .706
通算:7年 375 1101 985 106 223 36 3 24 337 99 8 6 8 9 84 2 14 228 20 .226 .294 .342 .636
  • 2014年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60(2008年)
  • 23(2009年)
  • 7(2010年 - 2011年)
  • 17(2012年 - 2013年)
  • 9(2014年 - 2016年、2017年8月1日 - 同年終了)
  • 16(2017年 - 2017年7月30日)

脚注[編集]

  1. ^ Danny Knobler (2017年8月24日). “D-backs Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i MLB公式プロフィール参照。2018年2月2日閲覧。
  3. ^ 珍移籍劇に米メディアも同情…今季3度戦力外男がレ軍“出戻り””. スポニチ Sponichi Annex (2013年8月14日). 2013年9月5日閲覧。
  4. ^ “Rangers purchase contract of INF Adam Rosales from Round Rock, option INF Luis Sardinas to Round Rock” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年6月30日), http://texas.rangers.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140630&content_id=82376254&vkey=pr_tex&c_id=tex 2017年8月2日閲覧。 
  5. ^ Jeff Todd (2014年12月3日). “Rangers Non-Tender Alexi Ogando, Michael Kirkman, Adam Rosales” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ Steve Adams; Jeff Todd (2015年1月5日). “Rangers To Re-Sign Adam Rosales” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年2月2日閲覧。
  7. ^ Rangers to re-sign Adam Rosales” (英語). ESPN Dallas Fort Worth (2015年1月5日). 2015年1月6日閲覧。
  8. ^ T.R. Sullivan. “Rays', Rangers' benches clear after hard tag” (英語). MLB.com. 2018年2月2日閲覧。
  9. ^ T.R. Sullivan (2015年8月19日). “Rosales designated, infielder Alberto recalled” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/adam-rosales-designated-for-assignment/c-144079470 2018年2月2日閲覧。 
  10. ^ Jane Lee (2017年1月25日). “A's sign IF Rosales, deal OF Eibner to Dodgers” (英語). MLB.com. 2017年1月26日閲覧。
  11. ^ Jane Lee (2017年7月31日). “A's get Minors arm from D-backs for Rosales” (英語). MLB.com. 2018年2月2日閲覧。
  12. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2018年2月2日閲覧。
  13. ^ 投壊レンジャーズ また野手が登板…同一シーズン2度は球団初”. スポニチ Sponichi Annex (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  14. ^ こんな記録まで!MLBで超高速本塁打ベース1周する男とは スポニチアネックス (2017年4月25日) 2017年5月2日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]