アゾカップリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アゾカップリング英語:azo coupling)は、ジアゾニウム化合物と他の芳香族化合物とをカップリングし、アゾ化合物を合成する有機反応である。ジアゾカップリングとも呼ばれる。この芳香族求電子置換反応では、アリールジアゾニウムカチオン求電子剤、活性アレーン求核剤である[1]

ジアゾ化[編集]

亜硝酸アニリンを混合すると、ジアゾ化と呼ばれる反応を経て赤紫色のジアゾニウム塩になる。これはアゾ染料を作ったり芳香族化合物官能基置換するカップリングの前段階の反応として重要である。

反応の用途[編集]

生成物共役がもとの物質よりも増加するため、より長波長の光(特に可視光)を吸収するようになる。その結果として、芳香族アゾ化合物は延長された共役系により明るい色調となる傾向にあり、染料として多く使われている[2]

その他、プロントジルなどのサルファ薬の合成にも応用される。

反応例[編集]

多くの反応系が説明されている[3][4]フェノール塩化ベンゼンジアゾニウムと反応させると橙黄色のジアゾ化合物が得られる。この反応では塩基触媒となる[2]

Azo-coupling-A-mechanism-2D-skeletal.png

関連する染料のアニリンイエロー英語版はアニリンとジアゾニウム塩から合成される[2]

Azo-coupling-B-2D-skeletal.png

ナフトールは一般的な受容体である。例として、染料のオルガノールブラウンアニリン1-ナフトール英語版)から合成する。

Organol brown synthesis
An animation of the reaction mechanism of the azo coupling

同様に、2-ナフトール英語版)と塩化ベンゼンジアゾニウムとをカップリングすると赤橙色の染料ができる。

出典[編集]

  1. ^ Smith, Michael B.; March, Jerry (2007), Advanced Organic Chemistry: Reactions, Mechanisms, and Structure (6th ed.), ニューヨーク: Wiley-Interscience, ISBN 0-471-72091-7, http://books.google.com/books?id=JDR-nZpojeEC&printsec=frontcover 
  2. ^ a b c Klaus Hunger; Peter Mischke, Wolfgang Rieper, Roderich Raue, Klaus Kunde, Aloys Engel (2005). “Azo Dyes”. ウルマン産業化学事典英語版. ヴァインハイム: ウィリーVCH英語版. doi:10.1002/14356007.a03_245. 
  3. ^ J. L. Hartwell and Louis F. Fieser. “Coupling of o-tolidine and Chicago acid”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv2p0145. ; Collective Volume, 2, pp. 145 
  4. ^ H. T. Clarke and W. R. Kirner. “Methyl red”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0374. ; Collective Volume, 1, pp. 374 

関連項目[編集]