アソリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラモン・カザスによって描かれたアソリン

アソリンスペイン語:Azorín、本名:José Augusto Trinidad Martínez Ruiz1873年6月8日 - 1967年3月2日)は、スペインアリカンテ県モノベル英語版出身の小説家文芸評論家である。

1888年から1896年にかけて、マドリードバレンシアの大学で法律アナキズムを学んだ。フランスの哲学者であるミシェル・ド・モンテーニュの文献に心を惹かれ、小説家になることを決意する。

独自の簡潔な文体でひなびた感覚のエッセイで地位を確立した。また、文芸評論家としてのアソリンはスペインの古典作家を再評価し、文学の革新運動に力を尽くした。

1967年3月2日にマドリードで亡くなった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]