アセンシオ・フリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アセンシオ・フリアの肖像(ゴヤ画、1814年頃、スターリング・アンド・フランシーヌ・ クラーク美術館蔵)
巨人(1808年-1812年頃、プラド美術館蔵)

アセンシオ・フリア・アルバラシン(Asensio Julià i Alvarracín、1760年11月8日 - 1832年2月22日)は、バレンシア生まれのスペイン画家フランシスコ・デ・ゴヤの弟子。

概要[編集]

一般には知られていない無名の画家であったが、長らくゴヤの代表作とされてきた『巨人』(スペイン・プラド美術館蔵)について、「AJ」というサインがあることや、その技術的特徴などから、ゴヤの作品であることに疑問が呈され、調査が行われた結果、2009年1月26日に、プラド美術館の専門家のチームによって、アセンシオ・フリアの作品である可能性が強いと発表された。