アセチル基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセチル基の構造

アセチル基(アセチルき、acetyl group)はアシル基の一種で、酢酸からヒドロキシ基を取り除いたものにあたる1価の官能基。構造式は CH3CO− と表され、しばしば Ac と略記される。生体内ではエステルアミドとして盛んに現れる。

保護基としての利用[編集]

アセチル基は酸性条件などに対してある程度の耐久性を持つため、水酸基保護基としてしばしば利用される。塩基、求核剤などには一般に弱い。アミノ基の保護基としても用いられるが、脱保護に強い加水分解条件が必要なので水酸基の場合に比べ利用は少ない。

反応[編集]

ハロホルム反応はアセチル基の部分構造を持つ化合物に特徴的な反応である。

主な化合物[編集]