アズ・アイ・レイ・ダイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アズ・アイ・レイ・ダイング
As I Lay Dying
As I Lay Dying at the With Full Force music festival -- 29 June 2007.jpg
ウィズ・フル・フォース・ミュージック・フェスティヴァルにて(2007年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 サンディエゴ
ジャンル メタルコア
メロディック・デス・メタル
活動期間 2000年 - 2014年
2018年 -
レーベル プルート・レコード
メタル・ブレイド・レコーズ
ニュークリア・ブラスト
メンバー ティム・ランベシス (ボーカル)
フィル・スグロッソ (リードギター)
ニック・ヒパ (リードギター)
ジョシュ・ギルバート (ベース、ボーカル)
ジョーダン・マンチーノ (ドラムス)
旧メンバー ジェレミー・ロヤス (ギター)
エヴァン・ホワイト (リードギター、ベース)
トミー・ガルシア (リードギター、ベース、ボーカル)
ジェイスン・クレブス (リズムギター)
ジョン (ベース)
ノア・チェイス (ベース)
ブランドン・ヘイズ (ベース)
アーロン・ケネディ (ベース)
クリント・ノリス (ベース、ボーカル)

アズ・アイ・レイ・ダイングAs I Lay Dying)は、アメリカ合衆国サンディエゴ出身のメタルコアバンドである。バンドの略称はAILD。また、日本国内ではアズアイとも呼ばれる。

バイオグラフィ[編集]

活動前期[編集]

ティム・ランベシスが元々所属していたバンドを脱退し立ち上げる。その後、ギタリストのエヴァン・ホワイト、ドラマーのジョーダン・マンチーノの2人を誘い、3人で活動を開始する。バンド名の由来はウィリアム・フォークナーの小説『死の床に横たわりて』(As I Lay Dying)。

2001年6月にプルート・レコードから1stアルバム『Beneath the Encasing of Ashes』リリースし、2002年8月には同じくプルート・レコードからアメリカン・トラジェディとのスプリット盤をリリースする。その後バンドは新たなメンバーを迎え入れ5人編成になりツアーを重ねていく。

そんな中2003年3月にオファーがあったメタル・ブレイド・レコーズと契約、7月にはティムのプロデュースによる2ndアルバム『Frail Words Collapse』をリリースする。バンドの新たな方向性を示したこのアルバムはアンダーグラウンドではさらに根強い人気を獲得する[独自研究?]

メンバーの入れ替えを経て、2005年1月には新たなアルバムのレコーディングに取りかかり、6月には3rdアルバムとなる『Shadows Are Security』をリリース、このアルバムはBillboard 200にて35位を記録する。同年のオズフェストでは2ndステージのヘッドライナーを務めた。

2007年8月に、4thアルバム『An Ocean Between Us』をリリース。このアルバムはBillboard 200において前アルバムを上回る初登場8位を記録し、さらに収録曲の「Nothing left」はグラミー賞の「ベスト・メタル・パフォーマンス」にノミネートされた。

日本でもメタル・フェスティバルLOUD PARK2006年2007年の2年連続で出演、アーケードゲーム「GuiterFreaksV5 & DrumManiaV5」(2008年)に「The Sound of Truth」が収録された。また、EP『Decas』ではスレイヤージューダス・プリーストのような伝統的なヘヴィメタルバンドのカバーを披露した。

ランベシスの逮捕と事実上の解散[編集]

2013年5月7日、別居中の妻に対する殺人依頼をしたとしてヴォーカリストのティム・ランベシスが殺人教唆罪で逮捕された[1]。これは身分を偽装して近づいた捜査員に対して行った依頼で、金額は1,000ドルであった。なお殺人自体は未遂であり、妻は無事である。

ランベシスと妻の間には2人の娘と1人の息子がいたが、3人ともエチオピアからの養子であった[2][3]。妻の言によるとジムとタトゥーパーラーに通ってばかりで家族と子供を顧みなくなった事が別居の原因であり、2012年に離婚は成立していた。ランベシスは友人に「子供にとって良い親と悪い親の2人が居るよりも1人の良い親だけの方が良い」と語っていたとされる。

残されたバンドメンバーは当初ファンが知っている以上の情報は持っていないとした[4]。バンドはキルスウィッチ・エンゲイジとの2013年のツアーをキャンセルし、「この事態が収拾されるまでバンドはツアーに出るべきでない」として、それ以後の活動を止めた[5]

ランベシスは逮捕当初は無罪を主張、また弁護士は「犯行当時の彼の思考プロセスはアナボリックステロイドの使用による影響を多大に受けていた」とコメントした[6]。2014年2月にはランベシスは無罪主張を取り下げた。これによって最大9年の実刑を受ける可能性があったが、5月に刑は6年と確定した[7]

ランベシス以外の4人のメンバーはその後、シェーン・ブレイをヴォーカルに迎え、新たにウォーヴェンウォーというバンドを結成して活動を継続。アズ・アイ・レイ・ダイングは事実上解散した。新バンドのウォーヴェンウォーは2014年8月にデビュー作を発表した。

ランベシスの出所と再始動[編集]

2016年末、ティム・ランベシスが服役していたカリフォルニア州の刑務所から仮出所。2017年12月17日にはバンドのオフィシャルFacebookにて謝罪文を公開した[8][9]

2018年6月、活動休止前のラインナップで復活。6年ぶりとなる新曲のMVを公開[10]

2019年9月20日、約7年ぶりとなるニューアルバム『Shaped By Fire』をリリースした[11]

キリスト教との関係[編集]

アズ・アイ・レイ・ダイングのメンバーは全員が実践的クリスチャンである事をメディア上で幾度も表明していた。しかし、彼らは本国でもクリスチャンバンド、クリスチャン・ロックとカテゴリーされる事は稀である。これは彼らの歌詞が直接にはキリスト教的なテーマや教説を扱ってはいないためである。彼らの音楽において「神」や「ジーザス」という単語は使われず、聖書からの引用も存在しない。

ティム・ランベシスはこの点を2008年にインタヴューで訊かれた際に「5人のクリスチャンがバンドを組んでいる事とクリスチャン・バンドである事の間の違いを見出せない」とコメントしている[12]。ランベシスは2010年頃まではクリスチャン・メタル・ラジオ局にも出演していたが、2012年には妻に対して離婚を求める個人的なEメールにて「最早神を信じてはいない」と述べていた[13]。また上記疑惑による自宅軟禁中の2013年には、ブログへの投稿で自身の信仰喪失を遠回しに明かしている[14]

2014年にランベシスはバンドはクリスチャンとして「マーケティング」されて来たが、メンバーらは主に自分達を無神論者であると見做していたと発言した[15]。ニック・ヒパはこれを中傷であるとして反論している[16]

メンバー[編集]

2013-2014年にかけての活動停止期間中にバンドの所有権はランベシスとマンチーノとが分け合っている事が明かされた。「最終ラインナップ」として共に活動していたスグロッソ、ヒパ、ギルバートの3名は2014年に脱退を表明した形となっているが活動再開した2018年に3名揃って復帰した。

現在のメンバー[編集]

AILDを結成するまではギタリストであり、バンドを結成するに当たってボーカルを探したが、なかなか気に入るボーカルが見つからなかった為に自身が担当する事にした。
アーノルド・シュワルツェネッガーを敬愛しており、ソロプロジェクトのオーストリアン・デス・マシーンは彼の出演作のパロディとトリビュートというコンセプトであった。このプロジェクトではボーカル、ギター、ベース、ドラムを全てティム自身が演奏し、3枚のアルバムと2枚のEPをリリースした。
EMGピックアップを搭載しているワッシュバーン製の自身のモデルのVシェイプのギターやポール・リード・スミスを主に使用。
  • ニック・ヒパ (Nick Hipa)‐ リードギター (2004-2014、2018-)
EMGピックアップを搭載しているアイバニーズ製のギターを主に使用。
  • ジョシュ・ギルバート (Josh Gilbert)‐ ベース、ボーカル (2007-2014、2018-)
フェンダー製のジャズベースを主に使用。他にはアイバニーズ製のEDB550ベース、ギブソン・サンダーバードベースを使用している。ピック弾きで演奏している。
  • ジョーダン・マンチーノ (Jordan Mancino)‐ドラムス (2001-2014, 2018-)

元メンバー[編集]

  • ジェレミー・ロヤス (Jeremy Rojas) - ギター (2001)
  • エヴァン・ホワイト (Evan White) - リードギター (2001–2003)、ベース (2002–2003)
  • トミー・ガルシア (Tommy Garcia) - リードギター、ベース、ボーカル (2002–2003)
脱退後の2003年から2010年にセッションとして参加した。
  • ジェイスン・クレブス (Jasun Krebs) - リズムギター (2002–2003)
  • ジョン (Jon) - ベース (2001)[17]
  • ノア・チェイス (Noah Chase) - ベース (2001, 2002, 2003)
  • ブランドン・ヘイズ (Brandon Hays) - ベース (2002–2003)
  • アーロン・ケネディ (Aaron Kennedy) - ベース (2003)
  • クリント・ノリス (Clint Norris) - ベース、ボーカル (2003–2006)
恋人との結婚が理由で脱退。
脱退後もバンドと連絡を取り合っている。
ベースは主にアイバニーズ製のSRXベース、ATKベースを元にした自身のモデルを使用。Clintが自身のモデルを製作する際、キルスウィッチ・エンゲイジのマイク・ダントニオ(b)に頼んで彼のシグネチャーモデルのベースを貸してもらい、ヒントを得た。

ライヴメンバー[編集]

  • チャド・アッカーマン (Chad Ackerman) - ギター (2001–2002)、バッキング・ボーカル (2007)
  • ケイレン・デニュッチオ (Caylen Denuccio) - ベース (2002–2003)
  • クリス・リンドストロム (Chris Lindstrom) - ギター (2001, 2003)
  • マーク・マクドナルド (Mark Macdonald) - ギター (2003–2004)
  • ルーベン・グティエレス (Ruben Gutierrez) - ギター (2001)
  • デイヴィッド・アーサー (David Arthur) - クリーンボーカル (2005)
  • ジャスティン・フォーレイ (Justin Foley) - ドラムス (2009)[18]
  • ジョーイ・ブラッドフォード (Joey Bradford) - バッキング・ボーカル (2012)
  • デュアン・リード (Duane Reed) - バッキング・ボーカル (2007)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル Billboard 200
最高位[19]
U.S. Indie[20]
2001年6月12日 Beneath the Encasing of Ashes Pluto - -
2002年6月18日 As I Lay Dying/American Tragedy (スプリット盤) Pluto - -
2003年7月1日 Frail Words Collapse Metal Blade - #30
2005年6月14日 Shadows Are Security Metal Blade #35 #1
2006年5月16日 A Long March: The First Recordings (コンピレーション・アルバム) Metal Blade #129 #2
2007年8月21日 An Ocean Between Us Metal Blade #8 #2
2010年5月11日 The Powerless Rise Metal Blade #10 #2
2011年11月4日 Decas (コンピレーション・アルバム) Metal Blade #61 #11
2012年9月25日 Awakened Metal Blade #11 #3
2019年9月20日
(日本は9月27日[21]
Shaped by Fire Nuclear Blast #50

来日公演[編集]

2005年
2006年
2007年
2008年
  • ROCKSTAR TASTE OF CHAOS '08[26][27]
    • 11月10日 東京・新木場STUDIO COAST
    • 11月11日 東京・新木場STUDIO COAST
    • 11月12日 東京・新木場STUDIO COAST

出典・脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.blabbermouth.net/news/as-i-lay-dying-singer-accused-of-hiring-hitman-to-kill-estranged-wife/
  2. ^ “As I Lay Dying Interview”. http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=130228 [リンク切れ]
  3. ^ JULIE WATSON Associated Press AP 7:56 p.m. EDT, May 8, 2013. “Documents: Singer's wife was concerned about behavior changes before murder-for-hire arrest”. wdbj7.com. 2013年5月9日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ TIM LAMBESIS' AS I LAY DYING Bandmates Comment On His Arrest. Blabbermouth, May 8 2013.
  5. ^ http://asilaydying.com/news/150721
  6. ^ Ben Beaumont-Thomas (2014年2月26日). “As I Lay Dying singer pleads guilty to trying to hire hitman to kill wife”. The Guardian. http://www.theguardian.com/music/2014/feb/26/as-i-lay-dying-singer-tim-lambesis-hitman-kill-wife?CMP=twt_gu 2014年2月26日閲覧。 
  7. ^ Kory Grow (2013年5月7日). “Tim Lambesis Sentenced to Six Years in Jail for Murder-for-Hire Plot | Music News”. Rolling Stone. 2014年5月17日閲覧。
  8. ^ 妻の殺害を計画した容疑で服役していたAS I LAY DYINGのTim Lambesis(Vo)、仮出所後初の謝罪文を公開”. 激ロック. 2019年9月25日閲覧。
  9. ^ 謝罪文の原文(英語)”. As I Lay Dying Official Facebook. 2019年9月25日閲覧。
  10. ^ メタルコアの帝王 AS I LAY DYING、6年ぶり待望の新曲「My Own Grave」MV公開!”. 激ロック. 2019年8月23日閲覧。
  11. ^ メタルコアの帝王 AS I LAY DYING、9/20にニュー・アルバム『Shaped By Fire』リリース決定!表題曲MV公開も!”. 激ロック. 2019年9月25日閲覧。
  12. ^ As I Lay Dying FAQ”. asilaydying.com. 2008年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月20日閲覧。
  13. ^ As I Lay Dying frontman Tim Lambesis denies plotting his wife's murder. AP. 10 May 2013.
  14. ^ Tim Lambesis (As I Lay Dying) posts blog update; details time in house arrest awaiting murder trial. Obenschain, Phillip. Altpress.com. July 7, 2013.
  15. ^ As I Lay Dying Singer Tim Lambesis Said He Became Atheist But Kept Claiming to Be Christian to Keep Selling Music to Faithful”. Christianpost.com (2014年6月17日). 2014年8月12日閲覧。
  16. ^ Pasbani, Robert (2014年5月19日). “Former AS I LAY DYING Guitarist Nick Hipa Responds To Tim Lambesis' Slanderous Accusations”. Metal Injection. 2014年6月20日閲覧。
  17. ^ As I Lay Dying Official Website [Archive]”. As I Lay Dying. 2010年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月22日閲覧。
  18. ^ “As I Lay Dying drummer forced to sit out South American shows”. Blabbermouth.net. (2009年3月3日). オリジナルの2009年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090306175638/http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=115436 2009年3月4日閲覧。 
  19. ^ As I Lay Dying - Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年12月28日閲覧。
  20. ^ As I Lay Dying - Chart History: Independent Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年12月28日閲覧。
  21. ^ アズ・アイ・レイ・ダイング - シェイプド・バイ・ファイア”. ワードレコーズ. 2019年9月16日閲覧。
  22. ^ AS I LAY DYING、SOTYのスペシャルゲストで2度目の来日公演が決定!”. BARKS. 2019年9月25日閲覧。
  23. ^ LOUD PARK 06 タイムテーブル”. LOUD PARK 06 Official Site. 2019年9月25日閲覧。
  24. ^ LOUD PARK 06 インフォメーション”. LOUD PARK 06 Official Site. 2019年9月25日閲覧。
  25. ^ LOUD PARK 07 特集”. 激ロック. 2019年9月25日閲覧。
  26. ^ <ROCKSTAR TASTE OF CHAOS>日本公演にOBLIVION DUSTほか追加アーティスト決定”. BARKS. 2019年9月25日閲覧。
  27. ^ TASTE OF CHAOS 2008 特集”. 激ロック. 2019年9月25日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ オープニングアクトとして出演。

外部リンク[編集]