アスレティック・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アスレティック・アワード
会場 都内ホテル
日本の旗 日本
授与者 日本陸上競技連盟
初回 2007年
最新回 2017年
最新受賞者 荒井広宙
(アスリート・オブ・ザ・イヤー)

アスレティック・アワードは、毎年12月に都内のホテルで開催される日本陸上競技連盟の年間表彰である。

開催日[編集]

年月日 アスリート・オブ・ザ・イヤー リンク
1 2007年12月26日 土佐礼子 [1][2]
2 2008年12月15日 オリンピック男子4×100mリレーメンバー
塚原直貴末續慎吾高平慎士朝原宣治
[3]
3 2009年12月15日 村上幸史 [4]
4 2010年12月15日 福島千里 [5]
5 2011年12月15日 室伏広治 [6][7]
6 2012年12月13日 室伏広治 [8][9]
7 2013年12月17日 福士加代子 [10][11]
8 2014年12月22日 右代啓祐 [12][13]
9 2015年12月16日 谷井孝行 [14]
10 2016年12月19日 オリンピック男子4×100mリレーメンバー
山縣亮太飯塚翔太桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥
[15]
11 2017年12月19日 荒井広宙 [16]
12 2018年12月17日 大迫傑 [17]

受賞者[編集]

  • 所属・成績・記録などは受賞当時のもの

アスリート・オブ・ザ・イヤー (最優秀選手賞)[編集]

  • その年において活躍が最も顕著であった競技者
選手(所属) 成績など
2007 土佐礼子三井住友海上 女子マラソン世界選手権3位。
2008 オリンピック男子4×100mリレーメンバー
 塚原直貴東海大学
 末續慎吾ミズノ
 高平慎士富士通
 朝原宣治大阪ガス
男子4×100mリレーでオリンピック3位(男子トラック種目で日本勢初のメダル獲得。女子トラック種目を含めても80年ぶりのメダル獲得)。
2009 村上幸史スズキ 男子やり投世界選手権3位(オリンピックを含めてもやり投で日本勢初のメダル獲得、予選で日本歴代2位の記録をマーク)、日本選手権優勝(10連覇)。
2010 福島千里北海道ハイテクAC) 女子100m200mアジア大会優勝(両種目で日本勢初の2冠)、日本新記録樹立。
2011 室伏広治(ミズノ) 男子ハンマー投世界選手権優勝(全種目通じてオリンピックと世界選手権の両大会で金メダルを獲得した初の日本人)、日本選手権優勝(17連覇)。
2012 室伏広治(ミズノ) 男子ハンマー投でオリンピック3位、日本選手権優勝(18連覇)。
2013 福士加代子ワコール 女子マラソンで世界選手権3位(マラソンで日本勢4年ぶりのメダル獲得)。
2014 右代啓祐スズキ浜松AC 男子十種競技アジア大会優勝(同種目で日本勢24年ぶりの金メダル獲得)、日本新記録樹立、日本選手権優勝(5連覇)。
2015 谷井孝行自衛隊体育学校 男子50km競歩世界選手権3位(オリンピックを含めても競歩種目で日本勢初のメダル獲得)。
2016 オリンピック男子4×100mリレーメンバー
 山縣亮太セイコーホールディングス
 飯塚翔太ミズノ
 桐生祥秀東洋大学
 ケンブリッジ飛鳥
男子4×100mリレーオリンピック2位(男子のトラック種目では日本勢初となる銀メダル獲得。予選と決勝でアジア新記録樹立)。
2017 荒井広宙(自衛隊体育学校) 男子50km競歩で世界選手権2位
2018 大迫傑Nike シカゴマラソンにて男子マラソン日本記録を樹立

優秀選手賞[編集]

  • その年において優秀な成績をおさめた競技者
選手(所属) 成績など
2007 世界選手権男子4×100mリレーメンバー
 塚原直貴東海大学
 末續慎吾ミズノ
 高平慎士富士通
 朝原宣治大阪ガス
男子4×100mリレーで世界選手権5位(予選と決勝でアジア新記録樹立)。
福士加代子ワコール 女子5000mで世界選手権14位、日本選手権優勝(4連覇)。女子10000mで世界選手権10位、日本選手権優勝(6連覇)。
2008 室伏広治(ミズノ) 男子ハンマー投オリンピック3位、日本選手権優勝(14連覇)。
山崎勇喜長谷川体育施設 男子20km競歩でオリンピック11位。男子50km競歩でオリンピック7位(競歩種目で日本勢初の入賞)、日本新記録樹立、日本選手権優勝(5連覇)。
2009 尾崎好美第一生命 女子マラソン世界選手権2位(マラソンで銀メダル獲得は日本勢6年ぶり)。
渕瀬真寿美大塚製薬 女子20km競歩で世界選手権7位(オリンピックを含めても女子競歩種目で日本勢初の入賞)、日本新記録樹立。
世界選手権男子4×100mリレーメンバー
 江里口匡史早稲田大学
 塚原直貴(富士通)
 高平慎士(富士通)
 藤光謙司セーレン
男子4×100mリレーで世界選手権4位(4×100mリレーで過去最高順位タイ、5大会連続の入賞)。
中村友梨香天満屋 女子10000mで世界選手権7位(女子トラック種目で日本勢10年ぶりの入賞)。
佐藤敦之中国電力 男子マラソンで世界選手権6位。
加納由理セカンドウィンドAC 女子マラソンで世界選手権7位。
2010 村上幸史スズキ浜松AC 男子やり投アジア大会優勝、日本選手権優勝(11連覇)。
海老原有希(スズキ浜松AC) 女子やり投でアジア大会優勝(同種目で日本勢28年ぶりの金メダル獲得、日本新記録樹立)、日本選手権優勝(3連覇)。
2011 森岡紘一朗(富士通) 男子50km競歩世界選手権6位(50km競歩で日本勢過去最高順位)、日本選手権優勝(初)。
赤羽有紀子ホクレン 女子マラソンで世界選手権5位。
2012 中本健太郎安川電機 男子マラソンでオリンピック6位。
オリンピック男子4×100mリレー
 山縣亮太慶應義塾大学
 江里口匡史(大阪ガス)
 高平慎士(富士通)
 飯塚翔太中央大学
男子4×100mリレーでオリンピック5位(予選で日本歴代2位の記録をマーク)。
2013 木﨑良子ダイハツ 女子マラソンで世界選手権4位。
新谷仁美ユニバーサルエンターテインメント 女子10000mで世界選手権5位、日本選手権優勝(初)。
山本聖途中京大学 男子棒高跳で世界選手権6位(棒高跳で日本勢過去最高順位)、日本選手権優勝(2連覇)。
2014 谷井孝行自衛隊体育学校 男子50km競歩でアジア大会優勝(50km競歩で日本勢初の金メダル獲得、大会新記録樹立)。
アジア大会男子4×400mリレーメンバー
 金丸祐三(大塚製薬)
 藤光謙司ゼンリン
 飯塚翔太(ミズノ)
 加藤修也(早稲田大学)
 高平慎士(富士通)
男子4×400mリレーでアジア大会優勝(4×400mリレーで日本勢16年ぶりの金メダル獲得)。
2015 荒井広宙(自衛隊体育学校) 男子50km競歩で世界選手権4位、日本選手権優勝(初)。
伊藤舞(大塚製薬) 女子マラソンで世界選手権7位。
鈴木雄介(富士通) 男子20km競歩で世界新記録樹立、世界選手権出場。
世界リレー男子4×100mリレーメンバー
 大瀬戸一馬法政大学
 藤光謙司(ゼンリン)
 桐生祥秀東洋大学
 谷口耕太郎(中央大学)
男子4×100mリレーで世界リレー3位(世界大会のリレー種目で2008年オリンピック以来のメダル獲得。2016年リオデジャネイロオリンピック出場権獲得)。
2016 荒井広宙(自衛隊体育学校) 男子50km競歩でオリンピック3位(競歩種目で日本勢初のメダル獲得)。
澤野大地(富士通) 男子棒高跳でオリンピック7位(棒高跳で日本勢64年ぶりの入賞)。
松永大介(東洋大学) 男子20km競歩でオリンピック7位。
2017 世界選手権男子4×100mリレーメンバー
 多田修平関西学院大学
 飯塚翔太ミズノ
 桐生祥秀東洋大学
 藤光謙司ゼンリン
 ケンブリッジ飛鳥Nike
男子4×100mリレーで世界選手権3位
サニブラウン・アブデル・ハキーム東京陸協 男子200mで世界選手権7位
2018 井上大仁MHPS 男子マラソンでアジア大会優勝(マラソンで日本勢32年ぶりの金メダル獲得)。
山本聖途トヨタ自動車 男子棒高跳でアジア大会優勝。
池田向希東洋大学 男子20km競歩で第28回IAAF世界競歩チーム選手権大会優勝(同大会の20km競歩で日本人初の金メダル獲得)。同大会団体戦優勝。

新人賞[編集]

  • その年の活躍が顕著であり、将来が期待される競技者(日本陸上競技連盟から1名、記者クラブから男女各1名が選出される)
選出 選手(所属) 成績など
2008 日本陸連 藤原新JR東日本 男子マラソン東京マラソン2位(日本人トップ)。
記者クラブ(男子) 竹沢健介早稲田大学 男子5000mオリンピック出場。男子10000mでオリンピック28位。
記者クラブ(女子) 福島千里北海道ハイテクAC) 女子100mオリンピック出場(同種目で日本勢56年ぶりの出場)、日本タイ記録をマーク、日本選手権優勝(初)。
2009 日本陸連 戸邉直人専修大学松戸高等学校 男子走高跳東アジア大会4位、日本高校新記録樹立(20年ぶり)。
記者クラブ(男子) 江里口匡史(早稲田大学) 男子100mで世界選手権2次予選進出、日本選手権優勝(初。予選で日本歴代4位の記録をマーク)。男子4×100mリレーで世界選手権4位。
記者クラブ(女子) 渕瀬真寿美大塚製薬 女子20km競歩世界選手権7位(オリンピックを含めても女子競歩種目で日本勢初の入賞)、日本新記録樹立。
2010 日本陸連 飯塚翔太中央大学 男子200m世界ジュニア選手権優勝(全種目を通じて日本男子勢初の金メダル獲得。全カテゴリーのオリンピック世界選手権を通じて短距離種目で日本勢初の金メダル獲得)。
記者クラブ(男子)
記者クラブ(女子) 佐藤友佳東大阪大学敬愛高等学校 女子やり投でジュニア日本新記録樹立、高校3冠(インターハイ国体日本ジュニア選手権)。
2011 日本陸連 堀端宏行旭化成 男子マラソンで世界選手権7位。
記者クラブ(男子) 岸本鷹幸法政大学 男子400mハードル世界選手権準決勝進出、日本選手権優勝(初)。
記者クラブ(女子) 中里麗美ダイハツ 女子マラソンで世界選手権10位。
2012 日本陸連 ディーン元気(早稲田大学) 男子やり投オリンピック10位、日本歴代2位の記録をマーク、日本選手権優勝(初)。
記者クラブ(男子) 山縣亮太慶應義塾大学 男子100mでオリンピック準決勝進出(予選で日本歴代4位タイの記録をマーク)。
記者クラブ(女子) 土井杏南埼玉栄高等学校 女子4×100mリレーでオリンピック出場(陸上競技で史上最年少の日本代表)。100mでジュニア日本新記録樹立。
2013 日本陸連 西塔拓己東洋大学 男子20km競歩世界選手権6位(オリンピックを含めても競歩種目で日本勢過去最高順位タイ)。
記者クラブ(男子) 桐生祥秀洛南高等学校 男子100mで世界選手権出場、日本歴代2位・ジュニア世界最高記録をマーク。200mで日本高校新記録樹立。4×100mリレーで世界選手権6位。
記者クラブ(女子) 杉浦はる香浜松市立高等学校 女子400m日本選手権優勝(初。決勝で日本歴代2位の記録をマーク、予選で21年ぶりの日本高校新記録樹立)
2014 日本陸連 松永大介(東洋大学) 男子10000m競歩世界ジュニア選手権優勝(同種目で日本勢初の金メダル獲得、大会新記録樹立)。
記者クラブ(男子) 新井涼平スズキ浜松AC 男子やり投アジア大会2位、日本歴代2位の記録をマーク、日本選手権優勝(初)。
記者クラブ(女子) 青山聖佳松江商業高等学校 女子400mでアジア大会5位(予選で日本歴代4位の記録をマーク)、日本選手権2位、インターハイ優勝(200mとあわせて2冠)。4×400mリレーでアジア大会2位(同種目で日本勢28年ぶりのメダル獲得)。
2015 日本陸連 サニブラウン・アブデル・ハキーム
城西大学附属城西高等学校
男子200mで世界選手権準決勝進出(同種目の大会最年少出場記録と最年少準決勝進出記録。世界選手権の全種目通じて史上最年少の日本代表)、世界ユース選手権優勝(100mとあわせて2冠、両種目で大会新記録樹立。両種目で日本勢初の金メダル獲得)、日本高校新記録樹立。国際陸上競技連盟の新人賞にあたるライジングスターアワードを受賞(日本勢初の受賞)。
記者クラブ(男子)
記者クラブ(女子) 北口榛花北海道旭川東高等学校 女子やり投で世界ユース選手権優勝(女子投擲種目で日本勢初の金メダル獲得。全カテゴリーを通じても女子投擲種目で日本勢初の世界大会金メダル)、日本高校新記録樹立、高校3冠(インターハイ国体、日本ジュニア選手権)。
2016 日本陸連 江島雅紀荏田高等学校 男子棒高跳で日本高校新記録樹立、高校3冠(インターハイ国体、日本ジュニア選手権)。
記者クラブ(男子) ケンブリッジ飛鳥 男子100mでオリンピック準決勝進出、日本選手権優勝(初)、日本歴代9位の記録をマーク。4×100mリレーでオリンピック2位。
記者クラブ(女子) 上原美幸第一生命グループ) 女子5000mでオリンピック15位(同種目で日本勢20年ぶりの決勝進出)
2017 日本陸連 小林快ビックカメラ 男子50km競歩で世界選手権3位
記者クラブ(男子) 多田修平(関西学院大学) 男子100mで日本選手権2位、世界選手権で準決勝進出、4×100mリレーで世界選手権3位
記者クラブ(女子) 安藤友香スズキ浜松AC 名古屋ウィメンズマラソンで初マラソン日本最高、日本歴代4位の記録
2018 日本陸連 橋岡優輝日本大学 男子走幅跳で第17回U20世界陸上選手権大会優勝(同大会の走幅跳で日本人初の金メダル獲得)。
記者クラブ(男子) 小池祐貴住友電工 男子200mでアジア大会優勝。
記者クラブ(女子) 松田瑞生ダイハツ 第37回大阪国際女子マラソン大会において、初マラソン日本歴代3位の記録で優勝。

特別賞[編集]

  • 陸上競技を通じた活動や活躍が広く社会に対して貢献したと認められた者もしくは団体
人物・団体 功績など
2007 為末大APF 「東京ストリート陸上」を企画・開催するなど、陸上競技の普及に貢献[1]
野口みずきシスメックス 東京国際女子マラソン優勝(大会新記録樹立)[1]
2008 高橋尚子ファイテン 10月に現役引退を表明[18]。現役時代に女子マラソンで世界新記録樹立、オリンピック優勝。
川本和久 福島大学陸上部監督を務め、女子短距離選手の指導に貢献[18]
2009 財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 全国小学生陸上競技交流大会のスポンサーを25年間務め、陸上競技の底辺拡大と普及に大きく貢献[4]
2010 セカンドウィンドAC 単一の企業からの支援を受けない独立運営方式のクラブチーム。トップアスリートの育成などに貢献[5]
2011 富士通株式会社 1990年の陸上部発足以来、数々の代表選手を輩出。富士通スポーツクリニック開催で陸上競技の普及に貢献[7]
川内優輝埼玉県庁 市民ランナーとして活躍し、同じ境遇のランナーに夢と希望を与えた[7]
2012 村田機械株式会社 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会のナンバーカードスポンサーを1989年大会から務め、女子中・長距離選手の強化育成と競技の普及に貢献[9]
2013 桐生祥秀洛南高等学校 高校生ながら日本歴代2位の10秒01をマーク。世界選手権出場など話題を集め、陸上競技に対する社会的関心を高めた[11]
2014 室伏広治ミズノ 日本選手権の男子ハンマー投で前人未踏の20連覇を達成。オリンピック世界選手権で優勝、18回の日本新記録樹立など、ハンマー投と陸上競技に対する社会的関心を高めた[13]
2015 有森裕子 障害者スポーツの普及などに貢献[19]
宮崎秀吉 105歳ながら100mを完走し、世界最高齢スプリンターとしてギネス世界記録に認定[20]。男子100mと男子砲丸投のM105(105歳から109歳のクラス)で世界新記録樹立[注 1][21]
2016 野口みずき 4月に現役を引退。現役時代には女子マラソンでオリンピック優勝、世界選手権2位、アジア新記録樹立。
山本篤スズキ浜松AC 男子走幅跳のT42クラスで世界新記録樹立、パラリンピック2位。男子4×100mリレーのT42-47クラスでパラリンピック3位。
2017 桐生祥秀東洋大学 日本インカレの男子100mで日本人選手初の9秒台となる9秒98を樹立。
2018 一般社団法人日本実業団陸上競技連合 「Project EXCEED」を通じて、日本陸上競技界に対する社会的関心を高めた[22]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初はこの2種目で世界新記録を樹立したと思われていたが、男子100mは宮崎秀吉が42秒22をマークする約3月前にStanistaw Kowalski(ポーランド)が34秒50をマークしていたことが判明した。そのため、宮崎秀吉の記録は世界記録とならなかった。

出典[編集]

  1. ^ a b c *陸上2007年MVPは土佐礼子! 〜日本陸連アスレティック・アワード2007〜”. SPORTS COMMUNICATIONS (2007年12月26日). 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ 福士加代子 アスレティック・アワード2007 受賞”. ワコール女子陸上部 (2007年12月27日). 2015年12月16日閲覧。
  3. ^ 【トピックス】今年のアスリート・オブ・ザ・イヤーは男子4×100mリレーチーム!”. 日本陸上競技連盟. 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月16日閲覧。
  4. ^ a b 日本陸連アスレティック・アワード2009受賞者 日本陸上競技連盟 (PDF, 90.6 KB) 2015年12月16日閲覧
  5. ^ a b 日本陸連アスレティック・アワード2010 受賞者一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 90.4 KB) 2015年12月16日閲覧
  6. ^ 【トピックス】日本陸連 アスレティック・アワード2011開催しました!”. 日本陸上競技連盟 (2011年12月16日). 2015年12月16日閲覧。
  7. ^ a b c 日本陸連アスレティック・アワード2011受賞者一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 138 KB) 2015年02月14日閲覧
  8. ^ 日本陸連 アスレティック・アワード2012開催”. 日本陸上競技連盟 (2012年12月13日). 2015年2月14日閲覧。
  9. ^ a b 日本陸連アスレティック・アワード2012受賞者一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 116 KB) 2015年12月16日閲覧
  10. ^ 「日本陸連 アスレティック・アワード2013」を開催しました!”. 日本陸上競技連盟 (2013年12月17日). 2015年2月14日閲覧。
  11. ^ a b 日本陸連アスレティック・アワード2013受賞者一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 136 KB) 2015年12月16日閲覧
  12. ^ 「日本陸連アスレティック・アワード2014」を開催。今年、最も活躍した選手を発表しました!”. 日本陸上競技連盟 (2014年12月22日). 2015年2月14日閲覧。
  13. ^ a b 日本陸連アスレティック・アワード2014受賞者一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 107 KB) 2015年12月16日閲覧
  14. ^ 「日本陸連アスレティック・アワード2015」を開催! 各賞の受賞者を発表いたしました”. 日本陸上競技連盟 (2015年12月16日). 2015年12月16日閲覧。
  15. ^ 「日本陸連アスレティック・アワード2016」を開催! 各賞の受賞者とコメントをご紹介”. 日本陸上競技連盟 (2016年12月19日). 2017年2月13日閲覧。
  16. ^ 「日本陸連アスレティックス・アワード2017」を開催! 各賞の受賞者とコメントをご紹介”. 日本陸上競技連盟 (2017年12月20日). 2017年12月25日閲覧。
  17. ^ 「日本陸連アスレティックス・アワード2018」を開催!各賞の受賞者&コメント”. 日本陸上競技連盟 (2018年12月17日). 2019年1月4日閲覧。
  18. ^ a b 男子四百メートルリレー4人がMVPに”. スポーツニッポン (2008年12月16日). 2015年12月18日閲覧。
  19. ^ 105歳宮崎さん「これからも頑張りたい」受賞に感謝/陸上”. サンケイスポーツ (2015年12月16日). 2015年12月18日閲覧。
  20. ^ 105歳の現役スプリンター・秀吉さん、100メートル完走 「世界最高齢」ギネス記録更新 京都”. 産経新聞 (2015年9月23日). 2015年12月18日閲覧。
  21. ^ 最優秀選手は競歩の谷井 新人賞にサニブラウンら”. サンケイスポーツ. 2016年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月23日閲覧。
  22. ^ 【Project EXCEED®】「日本陸連 アスレチックス・アワード2018」特別賞 受賞のお知らせ”. 日本実業団陸上競技連合 (2018年12月6日). 2019年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]