コンテンツにスキップ

アスラン・ブジャニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アスラン・ブジャニヤ(2020年)

アスラン・ブジャニヤアブハズ語: Аслан Гьаргь-иҧа Бжьаниа1963年4月6日 - )は、国際的に未承認のアブハジア共和国の政治家、チェキスト。現在、同国大統領。国家保安庁長官などを歴任。

経歴

[編集]

アブハズSSR(現アブハジア)オチャムチルスキー地区タムィシュ村出身。1985年、モスクワ自動車道路大学を卒業。

1985年~1986年、スモレンスク州ウグラン・レスプロムホーズの建設局で働く。1987年~1989年、コムソモール・オチャムチルスキー地区委員会。

1991年、ソ連国家保安委員会(KGB)高等課程を修了。1991年~1992年、アブハジアKGBに勤務。1992年~1993年、アブハジア国家保安庁に勤務。1994年、商業活動に従事。1998年、ロシア連邦政府附属人民経済アカデミーを卒業。

2009年~2010年、駐露大使館経済問題担当参事官。

2010年2月24日、アブハジア国家保安庁長官に任命され、2014年まで務めた。

2020年2月10日に前年の大統領選挙が無効となったことを受け実施された大統領選挙英語版に出馬。選挙の11日前まで誤嚥性肺炎で入院するなど体調不良に見舞われたが、3月22日の投票で当選した[1]。4月23日に大統領に就任し、翌24日にアレクサンドル・アンクヴァブ元大統領・元首相を新首相に任命した[2]

パーソナル

[編集]

妻帯、2児を有する。

出典

[編集]
公職
先代
バレリ・ブガンバ英語版
代行
アブハジア共和国大統領
第5代:2020 -
次代
(現職)