アスピドケロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アスピドケローネ。『アン・ウォルシュ動物寓意譚』第59葉裏より、15世紀、デンマーク王立図書館蔵、コペンハーゲン

アスピドケロン[1]英語 : Aspidochelon)、アスピドケローネ[2]ギリシア語 : Ασπιδοχελώνη, ラテン語 : Aspidochelone)は、北欧に伝わるクジラに似た怪物である。ギリシア語で「蛇亀」(ασπίς「ヘビ」+ χελώνια「カメ」)を意味する。別名、ファスティトカロン(Fastitocalon, 「大洋の流れに浮かぶもの」)。

解説[編集]

クラーケンにも似ており、巨大な海亀や魚のような姿をしており、背中に苔をはやし、浮島のように移動するといわれる。

中世のヨーロッパでは、海のただ中に浮かんでいたアスピドケロン(アスピドケローネ)を島と誤認して上陸した船乗り達が焚き火を始めたところ、アスピドケロンが目を覚まして海中に沈み、船乗り達は脱出が間に合わず溺死したりした、という噂が信じられていたという[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ローズ, 松村訳 (2004) で確認できる表記。同書によれば、アスピドデロンとも呼ばれていた。
  2. ^ 松平 (2005) で確認できる表記。
  3. ^ ローズ, 松村訳 (2004)、15頁。
  4. ^ 松平 (2005)、201頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]